中国では35歳以上の未婚の婚活女性を妖怪と呼ぶそうです。

スポンサーリンク

中国で35歳以上で未婚の婚活女性は妖怪

酷い話しになると思いますが・・・

中国では、35歳以上の未婚の婚活女性を「妖怪」とか「妖怪レベル」と呼ぶそうです。

日本で考えると、例えば35歳で未婚の婚活女性は、決して若いとはいえないと思います。

それでも婚活している女性としては、どちらかといえば若い方に入ると思います。

そこで、日本で35歳以上の未婚の婚活女性を妖怪などと、いうことはないと思います。

妖怪と呼ぶ理由

なぜ中国では、35歳以上の未婚の婚活女性を妖怪と呼ぶのか?

それは、中国の婚活男性の多くが、女性に対して「若さ」を求めているからだそうです。

そこで、女性はとにかく若ければ若いほど良い。と考えているそうです。

また、中国では日本と違い、婚活市場が白熱しています。

そういった、婚活市場が白熱とか過熱している背景があり、過剰に反応してしまい・・・

35歳以上の未婚の婚活女性を、妖怪と呼んでしまうのだと思います。

男性に求めるのは経済力

その一方で、婚活女性が男性に求めるのは、圧倒的に「経済力」だといいます。

それは、結婚後に住むことができるマイホームが、最低でも必要になるそうです。

その上で、職業や年収や家柄などで、相手の男性が結婚相手としてふさわしいかが、評価されるそうです。

そこで、結婚後に住めるマイホームを事前に持っているか、もしくは・・・

結婚後に、マイホームを買うだけの経済力がなければ、男性が婚活しても、結婚は難しいというこだと思います。

出身地差別が激しい中国

また、中国で婚活するには、出身地が重要になるそうです。

中国では「都市戸籍」と「農村戸籍」の二種類が存在し、農村戸籍だといろいろなことで不利だといいます。

例えば、農村戸籍だと基本的に、出身地以外では生活できない。

また、都市戸籍で受けられる、行政サービスを受けられない。などがあるそうです。

さらに、上海出身は利己的、広東出身は俗っぽい、福建出身にはお金を貸さない、そういった銀行もあるそうです。

最後に

ここまで読むと中国で婚活するには、いかに大変かということがわかります。

そして、女性の場合は「若さ」、男性の場合は「経済力」、それがなければ、結婚は難しいということです。

さらに、戸籍や出身地まで見られるというのだから、婚活一つするにも中国では、高い壁があると思います。

そういったことを考えると「日本の婚活はヌルくて良かった。」と思う人も、いるかもしれませんね。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

セミリタイア
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました