小説家より稼げる売れっ子漫画家になると印税で笑いが止まらない!?

スポンサーリンク

小説家より漫画家の方が稼げる!?

有名なマンガ「美味しんぼ」の漫画原作者の剣持氏によると、小説家よりも漫画家の方が稼げるといいます。

それは、ピース・又吉氏の「火花」が「200万部」の大ヒットを記録しましたが、小説で100万の大台を超えるようなヒット作は、ごくわずかになります。

その一方で、100万部を超える漫画は多数あるとのことで、そのことから小説家よりも漫画家の方が稼げるとのことです。

ただし、漫画家になるにはアシスタントから始めることが多く、そのアシスタントの給与は月10万とかがザラで、生活するにはギリギリだとのことです。

漫画の印税について

漫画の印税については、基本的に単行本1冊につき「10%」(500円の漫画なら50円)の印税が入るシステムになっているそうです。

仮に、1冊500円の漫画が100万部売れたとすると、単純計算で漫画だけで「5000万」の印税が入るということです。

また、漫画の種類にもよりますが、その他のグッズ販売や放映権などを含めると、余裕で億を超えるそうです。

ただし上記の話しは、自分で書いた漫画が売れたらの話しで、ほとんどの漫画家は自分で書いた漫画が売れることはなく、人知れず辞めて行く人が大多数だとのことです。

漫画の印税例

・ONE PIECE・・・累計「2億7000万部」、印税「113億」

・SLAM DUNK・・・累計「1億1897万部」、印税「50億」

・こちら葛飾区亀有公園前派出所・・・累計「1億5527万部」、印税「65億」

・NARUTO(ナルト)・・累計「1億3128万部」、印税「55億」

・DEATH NOTE・・・累計「3000万部」、印税「6億」

上記に一例を上げてみましたが、漫画の印税だけでも凄い金額ですね。羨ましい限りです。

副業に漫画家はどう?

そこで、セミリタイア後などの副業として漫画家とはいわないまでも、イラストレーター、似顔絵書き、絵本、LINEスタンプなど・・・

漫画などを書くのが上手とか好きなどの人は、副業として漫画を書くのもありだと思います。

ただし、小説家にしろ、漫画家にしろ、イラストレーターにしろ、その手の才能がなければ、相応には稼げないと思います。

ですので、漫画を書いそこそこ稼げる人は、ほんの一握りの人だけだと思います。そして、何をするにも楽してお金は稼げないってことですね。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ