消費増税で一番割を食うのは年金世帯ですが低所得者も辛い!

スポンサーリンク

一番影響を受けるのは年金世帯

10月からの消費税引き上げで、大きな影響を受けるのが、年金生活世帯とされています。

その理由は、受給する年金は増えないのに、増税でモノの値段が上がって、生活費が圧迫されしまうからです。

また、増税の家計への影響は、年収200万円台の世帯で、ざっと3万円の負担増と試算されています。

ただし、今回は増税に合わせて、低所得の年金生活者には・・・

最高で「月額5000円」(年6万円)を恒久的に支給する「年金生活者支援給付金制度」が新設さました。

年金生活者支援給付金について

年金生活者支援給付金制度の受給条件は、65歳以上の老齢基礎年金受給者であることが条件になります。

それに加えて、世帯全員が「住民税非課税」であること。

また、前年の年金とその他の収入合計が「約78万円以下」の人になります。

そして、年金加入期間によって支給額が変わり、40年以上加入していれば、満額の年6万円が支給されます。

そのことで、消費税が上がっても月5000円支給されるなら、プラスになると思います。

給付金から省くべき人

そこで、年金が少ない人を守る制度は、確かに必要だと思います。

しかし、低収入だからといって困っているのかといわれると、そうではない人も多くいると思います。

例えば、資産が一億円あって、老後の資金が十分にある人もいると思います。

また、子供から定期的に支援してもらっているなど、そういった人もいると思います。

そこで、年金を含めた収入が少ないといっても、上記ような人は制度から省くべきなのではと思います。

低所得者には辛い消費増税

また、低収入の高齢者が月5000円支給してもらったとしても、生活が苦しいのには変わりないと思います。

そして、公平に税金を取ろうと思えば、現状では消費税を上げるしか手がないのが現状です。

そこで、安易に消費税を上げていますが、割を食うのはいつも収入が少ない、低所得者になると思います。

そして、低所得者はさらに苦しい生活に、追い込まれることになります。

それは、上記の試算にもあるように、年収200万円だと3万円の負担ですので、低所得者にとって、その3万円は大きいからです。

どこで2%を浮かすか?

私自身も低所得者になるので、2%の増税は大きなことです。

そこで、その2%をどう対応するか、一番簡単なのは「食費」を削ることだと思います。

しかし、ただでさえ食費を抑えているのに、今以上に食費を抑えて、ひもじい食事になるのは避けたい。

となると、水道光熱費ぐらいしかないのですが、どう考えても今以上に節約するのは難しい。

ということで、どこを節約して2%分を回収するか、悩みに悩んでいます。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました