宝くじのルールの穴を突いて28億円以上を荒稼ぎした老夫婦

スポンサーリンク

宝くじのルールの穴を突いて28億円を荒稼ぎ

アメリカ・ミシガン州の片田舎でコンビニを経営していた老夫婦が、公営の宝くじに設けられたルールの穴をついて2600万ドル(約28億2240万円)もの賞金を手にしていたことが分かりました。

ミシガン州にある人口1900人の小さな町、エバートでコンビニを営んでいた、当時62歳のジェリー・シェルビー氏はある朝、自分のコンビニの店頭で「Winfall」という州営宝くじのパンフレットを発見しました。

このWinfallには「ロールダウン」というルールがありました。

ロールダウンとは、繰り越された賞金が一定の金額を超えた場合、賞金を一等の当選者一人に与えるのではなく、数字を3つか4つほど的中させた人々に分配する仕組みだ。

一等当選者が発生する確率はかなり低いため、繰り越し賞金が500万ドルを超えている場合、かなりの確率でロールダウンが発生します。

その結果、ロールダウンが発生しそうな時に1100ドル(約12万円)分購入すれば1900ドル(約20万円)返ってくることが判明したため、実際に3600ドル(約39万円分)のチケットを購入したところ、6300ドル(約68万円)の賞金を手にすることができたとのこと。

宝くじでこんな儲け方が!

宝くじでこんな儲け方があったんですね。

ただし、日本の宝くじでは、ロールダウンという制度は確かないので、日本ではできない手法ですね。

ようは、パチンコとかパチスロでいうところの、設定が高い台で打つってことかな?

そうすれば、儲かる可能性は必然的に高くなるので、短期では不確定でも、長期で見るとトータルすると儲かるってことだと思う。

ただし、設定が高い台を見付けるのが、大変なんだろうけど。

パチンコの梁山泊の話し

また、パチンコの話しになるのですが、その昔、梁山泊というパチンコ集団がいて・・・

その梁山泊が、パチンコで儲かる方法(打ち方)を発見して、パチンコで荒稼ぎしていたという記事を読んだことがあります。

そこで、上記の宝くじでもパチンコでも、勝ち方さえ分かっていれば、当たり前の話しですが、儲かるということです。

しかし、宝くじを買うのに何の必勝法もなく、ただ闇雲に買っていては、損するばかりだということです。

それでも、自分の許す範囲のお金で宝くじを楽しめれば、たとえ損したとしても、それはそれで良いのかなと思います。

数学の勉強は大事だね。

上記以外にも、株のトレードなどで儲けている人も、その人なりのルールや必勝法があるのだと思います。

例えば、有名どころの人だと、B・N・Fさん(ジェイコム男さん)は・・・

バイトで貯めた160万円を元手に、トレードを始めて数十億円稼いで、その儲けたお金で、今度は土地を買って転がして・・・

現在の資産は「200億円」を超えているそうです。何とも羨ましい限りです。

とにかく、上記の老夫婦の宝くじの記事を読んで、数学の勉強は大事だと感じました。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました