正社員の経験がないままフリータ生活が20年以上の中年男の末路

スポンサーリンク

ロスジェネ世代について

バブル崩壊後の93年~05年の就職氷河期に、社会に放り出されたロスジェネ世代

その後、キャリア形成期にデフレになり、給与がそれほど上がらないままに、中年になってしまいました。

就職、結婚、資産形成など、人生においけるさまざまな局面で、辛酸を舐めさせられたロスジェネ世代

そして、ロスジェネ世代はそのまま中年になってしまい、現在に至ります。

私はロスジェネ世代

私は、ロスジェネ世代ですので、大変な思いをして就職しました。

それは、私が就職する当時は、バブルがすでに崩壊していて・・・

それでもバブルが崩壊した影響は、まだまだ少ないときでしたので、就職先はそこそこはありました。

ただし、私は当時仕事が少なかった、IT系の仕事を探していましたので・・・

内定が取れたのは、学校を卒業する3ヶ月前というギリギリで、やっとの思いで就職先を決めました。

入社して1年で会社が傾く

しかし、やっとの思いで入社した会社は、バブルが崩壊したことを受けて・・・

私が入社してから、1年もしないうちに会社が傾いてしまい、そのまま退職することになってしまいました。

それは、バブル崩壊の煽りをもろに受けてしまった。ということになります。

その後は、やりたくもない仕事をしたり、バイトをしたりで、大変な思いをしました。

フリータを20年以上続けているAさん

ロスジェネ世代のAさんは、40代前半の男性で、今まで正規雇用(正社員)の経験がないそうです。

その理由は、就職氷河期で仕事が決まらなかったからで、そのままフリータを20年以上も続けているそうです。

それでも、20代のころはバイトを掛け持ちして、30万円以上稼いでいたので、生活は余裕だったそうです。

しかし、年齢とともに体力が落ちたことで、バイトの掛け持ちができなくなり・・・

それと並行して、徐々に収入が落ちていったそうです

不遇な境遇のロスジェネ世代

Aさんの年収は、100万まで落ちてしまい、現在は実家に戻ったそうです。

そして、こういった話しを読むと、いかにロスジェネ世代が、運がないというか不遇な世代だったと思ってしまいます。

また、Aさんのように大したキャリアもなく、中年になってしまった人は・・・

今から正社員になろう思っても難しく、一生非正規で働くしかないと思います。

残念ですがAさんには、そんな末路が待っているのかなと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました