セミリタイアで悩むいつまで生きられるかという寿命の問題

スポンサーリンク

人の寿命は120歳まで

真偽は不明ですが、人の寿命は「120歳まで」と決まっているそうです。

その理由は、人のDNAには寿命が、120歳と刷り込まれているからだそうです。

ですので、人は最長でも120歳までしか生きられないそうです。

また、人が最善の環境で生活すれば、どの人でも120歳まで生きられるそうです。

寿命の考え方の違い

それはさて置き、セミリタイアで考える寿命についてですが・・・

例えば、80歳まで生きると考えるのと、100歳まで生きると考えるのとでは、セミリタイアに違いがあると思います。

何か違うのかというと、セミリタイアの資金計画に、違いが出るということです。

それは、80歳と100歳の寿命を比べると、100歳まで生きると考える方が・・・

セミリタイア資金を多く用意しなければならないということです。

将来のことはわからない

私の場合、例えば現在の年金支給の試算は、満額払って確か10万円ぐらいになります。

そこで、年金が将来に渡って、確実に10万円支給されるなら、私の生活費は10万円あれば、現状では足りますので・・・

セミリタイア資金で寿命云々のことは、心配はしなくても良いと思います。

しかし、今後税金が大幅に上がったり、インフレになったり、年金が減らされたり、可能性としてあると思います。

そこで、セミリタイア資金については、必要な資金より多くあった方が良いと思います。

多ければ多いに越したことはない

それは、セミリタイア資金は、多ければ多いに越したことはないということです。

しかし、80歳まで生きるとか100歳まで生きるとか、そこまで考えてしてしまうと・・・

セミリタイアするにも、資金的にどこまで貯め続ければ良いのか、悩まされることになると思います。

とはいえ、セミリタイア資金については、寿命をある程度加味する必要があると思います。

セミリタイアでいつまで生きられるかと考えるのは、それだけ重要だと思います。

しかし、80歳まで生きるとか100歳まで生きるとか、わからないものはわからない。

どこかで区切りを付ける

それは、これから医療が発達して寿命が延びるかもしれないし、明日交通事故に遭って亡くなるかもしれないから。

そこで、セミリタイア資金については、どこかで区切りを付ける必要があると思います。

それは、目標の資金が貯まったら、寿命云々で資金的な心配が仮にあったとしても・・・

セミリタイアするしかないと、個人的に思っています。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました