口コミサイトに書かれた足った一言で店を潰される経営者の恐怖

スポンサーリンク

口コミサイトの利用方法

口コミサイトといえば、多くの人に利用されているサイトになると思います。

そして、口コミサイトの利用方法としては、口コミサイトの口コミを読んで、食事に行く店を決めたり決めなかったり・・・

また、飲食店の口コミだけでなく、商品を買うときや旅行先の宿などについても、口コミサイトの口コミを利用する人というもいると思います。

そこで口コミを読んで、商品を買う買わない、宿に泊まる泊まらない、そういったことを決める場合もあると思います。

口コミサイトに書かれる悪評

とある飲食店を経営している人が、ネットにある書き込みをしていました。

それは、口コミサイトにいろいろ書かれ、非常に迷惑していると書いてあり、口コミサイトに書かれたその内容は・・・

・料理の料金が高すぎる。

・料金が高い割には、味は大したことない。

・店の内装が悪い。など

口コミサイトには、思ったことなどを気軽に書くことができますので、そのようなことを書く人もいると思います。

しかし、書き込んだ内容によっては、店に全くお客が来なくなり、最悪のケースとしては、店が潰れる可能性もあると思います。

あなたは責任が取れますか?

そこで、経営者は口コミサイトに書くのは、一向に構わないですが・・・

そのことで、店に不利益を被(こうむ)ったら、書いた当人は責任が取れるのか、取れないだろということでした。

経営者は、借金して必至で死に物狂いでやっているのに、責任も取れない中途半端な人が、メチャクチャなことを書きやがって!と怒っていました。

口コミサイトは、使う利用者側はとても便利なサイトで、食べた感想や使った感想などが、リアルで知れますので良いと思います。

しかし、書かれた側は、一生懸命やってるのに何なんだよ!となることもあると思います。

匿名で書けることが問題

そこで思うのは、匿名で書けることが、問題なのかなと思います。

匿名で書けるから、書きたいことを書ける反面、責任を一切負うことはありませんので、それが問題なのかなと思います。

しかし、匿名性を無くしてしまえば、リアルな回答を書けなくなることも多く、口コミサイトとして機能しなくなってしまう。という弊害もあると思います。

結局、あちらを立てればこちらが立たず。となってしまいます。

難しい問題ですね。

いくら匿名で気軽に書けるといっても、不用意な書き込みは場合によっては、大きな損害をもたらす可能性があります。

ですので、書いて良いことと悪いことは、区別する必要があるのかなと思います。

とはいっても、本当のことなら何を書いても良いとするのか、それとも、本当のことだったとしても悪評は書くことを控えるべきなのか。

その辺の問題は難しく、利用する側のモラルに任せるしかない。というのが、今の現状になっていると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

おすすめ記事一覧
その他
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ