交通費を節約しようと歩いてみても節約にはならない。

スポンサーリンク

歩いて交通費を節約

交通費を節約するのに、電車やバスなどは使わず毎回歩いている。

といった人の話しをテレビやネットで見たり聞いたりすることがあります。

歩く時間としては1駅歩くのに、1時間とかそれ以上とか。

それは、単に歩くだけで交通費が節約できるのなら、歩いた方が良いと考えているからだそうです。

特に、交通費を自己負担している仕事、例えば、日雇いとか、派遣とか、アルバイトとか…

そういった人に交通費を節約するのに歩いているという人が多いそうです。

確かに節約にはなるけど…

確かに1駅歩くことで、節約できることもあると思います。

仮に1駅歩いて「100円」節約できたと仮定すると、1ヶ月に「20日」出勤するとして…

それを1ヶ月に換算すると「2000円」の節約になります。

そこで「1ヶ月で2000円も交通費が節約できた!」と喜ぶ人もいるかと思います。

しかし、その2000円を節約するのに、上記の20時間(1駅1時間×20日)も使っていては…

果たしてそれが節約といえるのかという話しです。

バイトでもした方がマシ

結論からいえば、それは節約ではないと私は思います。

それは単なる「時間潰し」や「暇潰し」の範囲で、時間の無駄使いだと思います。

例えば、上記の1ヶ月に20時間歩いているのを歩かず働けば、仮に時給1000円とすると「2万円」になります。

そして、交通費で節約できた2000円と、バイトで稼いだ2万円を比較すると…

バイトで稼いだ2万円の方が、明らかに多いとわかると思います。

そう考えると、歩いて交通費を節約するのは、確かにお金の節約になりますが、時間の無駄使いでもあるということです。

付加価値があるなら

ただし、そこに付加価値みたいなものがあれば、話しは別だと思います。

例えば、ダイエットのために1駅歩いて、さらに節約もできるから良いとか…

健康のことを考えて歩くとか、そういった理由があるなら、交通費のことを考えて歩くのも良いと思います。

もしくは、1時間歩くのではなく10分とか15分とか短時間なら、それも良いと思います。

とにかく、節約はお金のことだけでなく、節約に掛かるというか使う「時間」も考える必要があると思います。

それは、仮にお金の節約できたとしても、多くの時間を掛けていては、節約にはならないということです。

時間対効果(使った時間に対して、相応のリターンがある)が大切ということです。

最後に

交通費を節約したいからと歩くのは、私はオススメしません。

仮に歩く時間があるなら、その時間でバイトでもした方が良いと思います。

またバイトでなくても、例えば毎日1時間勉強すれば、簡単な資格なら1ヶ月もあれば、取れると思います。

もしくは資格ではなく、英語の勉強とかでも良いと思います。

とにかく、交通費の節約のために歩く時間があるなら、別のことにその時間を使った方が、私は良いと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました