交通費を節約する方法は簡単で単純に歩くこと!

スポンサーリンク

痛い交通費

仕事をする上で「交通費」が大きな出費を占める場合もあると思います。

例えば、時給1000円のバイトにも関わらず、交通費が1000円とかそれ以上掛かる場合もあると思います。

そこで「交通費だけで1時間分の時給が消えるなんて!」と思うこともあると思います。

そして「交通費を少しでも減らした!」いと考えるのは、自然と流れだと思います。

これが正社員ならば、会社から交通費が全額支給されると思いますので、特に交通費の心配はないと思います。

しかし、バイトや日雇いや派遣などは、交通費が支給されないことも多いので、交通費は痛い出費になると思います。

交通費を節約する方法

交通費を節約する方法は簡単で、単純に「歩けば良いだけ」です。

日頃から歩く習慣がある人は、歩くことに慣れていますので、多少遠い距離を歩いても苦にならないと思います。

そこで歩いて交通費を節約するには、まず日頃から歩く習慣を身に付けると良いと思います。

また、歩くことは健康にも良いので、エレベーターやエスカレーターなどは使わず、階段を使うのが良いと思います。

さらに、買い物などのときも近い距離なら、自転車、車、バイクなどは使わず、歩いて行くようにするのが良いと思います。

そして、歩く習慣が身に付けば多少長い距離を歩いても、それほど苦にならないと思います。

歩いて交通費を節約する方法①

例えば、自宅から駅(最寄駅)までバスを使う人は、自宅から駅まで歩くことでバス代を節約することができます。

また、自転車などで行く場合も、自転車を駅近くに停めるには「駐輪代」(駐車場代)が掛かると思います。

それを自転車は使わず歩いて行けば、その駐輪代が浮くことになり節約になります。

しかし、歩くとなると相応の時間が掛かりますので、貴重な時間を取られることになります。

ましてや、自宅から駅までの距離が長いとなると、さらに体力も奪われることになります。

そして、会社に着くころにはヘトヘトになってしまい、仕事どころではなくなってしまう人もいると思います。

歩いて交通費を節約する方法②

電車の乗り換えなどで、駅から駅に移動する際に歩いて移動することで、交通費を節約できる場合があります。

例えば、都内の「新宿駅」から「西新宿駅」に行く場合、電車だと「168円」(2021年調べ)掛かります。

電車に乗る時間としては「7分程度」(移動時間など込み)だそうです。

一方、新宿から西新宿まで歩くと「10分程度」で行くことができるそうです。

その差は「3分」ですので、歩いて移動しても苦にならないと思いまし、健康のことを考えるなら歩いた方が良いと思います。

さらに、歩けば満員電車などを回避できますので、それも歩いて移動するメリットになると思います。

歩いて交通費を節約する方法③

通勤で自転車を使えば自転車がパンクしたり、古くなれば買い替えなければなりません。

例えば「2.4万円」の自転車を買い「4年」で壊れると計算すると「2.4万円÷48ヵ月=1ヵ月500円」になります。

それをして、自転車を使わず歩けば「月500円」「年6000円」の節約になります。

さらにパンクなどで修理代が掛かれば、節約できる額は大きくなります。

また、自転車ではなくバイクや車で移動している人は、歩いて移動すれば車両代やガソリン代を節約できます。

長距離の場合は別ですが、近いところに行くときは面倒だと思わず、歩くことで交通費を節約することができます。

最後に

交通費のことを除いても定期的に歩くことは、健康面から見ても良いと思います。

そこでまずは、日頃から歩く習慣を身に付けることが大切だと思います。

その上で歩くことに慣れ、通勤の際に歩いて移動すれば、節約にもなるし健康にもなるしで、一石二鳥だと思います。

ネックなのは、歩けば相応に時間が掛かるし体力も減るので、歩くのはメリットだけでなくデメリットもあります。

そのメリットとデメリットを天秤に掛けて、節約の気持ちが大きいならば、歩いて交通費を節約してみてはどうでしょうか。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました