最近ネットで話題になっている「高齢引きこもり」の問題について

スポンサーリンク

高齢引きこもりとは

最近ネットで「高齢引きこもり」が、話題というか問題になっているそうです。

高齢引きこもりとは、30代後半から40代前半、もしくは50代で体が動くにも関わらず・・・

働かずに自宅に引きこもっている人をいいます。

そして、高齢引きこもりについては、以前から問題だといわれていて、いまさらの話しなのかもしれません。

しかし、高齢引きこもりの解決策は未だになく、問題になっているということです。

現実逃避の引きこもり

30代後半とか40代といえば、働き盛りの年齢だと思います。

しかし、正社員で働いて身分が保障されていても、毎日残業の嵐、上司からのパワハラ、さらに過大なノルマを押し付けられ・・・

会社のために、多くの時間を犠牲にしていると思います。

また、時間のことだではなく、精神的にも肉体的にも疲れ切ってしまう。

そんな現実を知ると、高齢引きこもりの人は、社会に出ることをためらい、自宅に引きこもることになります。

高齢引きこもりはアルバイトも続かない

それならば、正社員にはならず、契約社員、派遣、アルバイト、それでいいじゃないか!というかもしれません。

しかし、そのアルバイトさえ嫌がり社会に出ようとしない、そんな30代後半や40代の高齢引きこもりが多いそうです。

そして、実際にアルバイトをしてみても、高齢引きこもりの多くは、仕事が続かず辞めてしまうそうです。

また、30代後半や40代にもなると、両親もそれなりに高齢になっていると思います。

そこで、両親に面倒を見てもらうのは、無理になる年齢だと思います。

働きたいけど働けない!

そして、高齢引きこもりの人が思うことは・・・

働きたいとは思っているけど働けない。社会に出ることが怖い。そんなことを深く考えてしまうそうです。

そこで、働きたくないといっているのを、無理に働かせても意味がないと思います。

しかし、両親が健在でずっと面倒を見てくれる。なんてことはないわけで・・・

そう考えると、いつかは社会に出て働くことになるのなら、一日でも早く社会に出た方が良いと思います。

最後に

高齢に関わらず引きこもりの人は、引きこもる理由があり考えもあると思います。

それを捻じ曲げてでも、自宅から無理に出して働かせることが、果たして良いことなのかと考えます。

しかし、お金がある人は別ですが、働かずに生活するのは無理なわけで、遅かれ早かれ働くことになると思います。

とにかく、高齢引きこもりの問題は、いろいろな社会のひずみから来ることで、今すぐ解決策を出すのは難しいと思います。

しかし、解決策がないまま今の高齢引きこもりが、年齢を重ね50代や60代になれば、また新たな問題になると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました