日本で女性が働くのにコストパフォーマンスなどが良い職業とは?

スポンサーリンク

女性でコストパフォーマンスなどが良い職業とは?

現在の日本で女性が働くには、どう言った職業が最もコストパフォーマンスなどが良いのか、それは「看護師」なんだそうです。

看護師になるには、最低でも看護学校に3年以上通わなければなりません。その後、国家試験に合格して、初めて看護師になることができます。

そして、看護師になるための3年間の学費は、公立だと「120万前後」で、私立だと「250万前後」掛かるそうです。

また、4年制の大学の場合には、国公立大学は「240万前後」で、私立大学は高くなり「650万前後」も掛かるそうです。

奨学金制度などが充実している看護学校

そこで、看護師になるための学費は、上記を見ると一般的な学校に比べると、少し高目になると思いますが・・・

しかし、通常(普通)の専門学校や大学と比べると、私立の看護大学以外では大きくは変わらず、それほど大差はないと思います。

また、病院や医師会が設立した専門学校などになると「奨学金制度」があったりもします。

それは、一定の期間を指定の病院で働けば、学費の返済が免除されるなどの制度が多くあるのが、看護学校の特徴の一つになると思います。

給与などでメリットが多い看護師の仕事

現在の女性の平均年収は「270万前後」と言われているそうです。

一方、看護師の平均年収は「470万前後」と言われていますので、年収としては「約2倍」もの差があると言うことです。

さらに看護師といえば、通年で人手不足の職業ですので、常に求人が多くあり転職などのときには、条件面などで有利なることが多いと思います。

また、看護師は病院だけでなく、介護の道などへ進むこともできますので、そう言った点でも多くのメリットがあると思います。

そこで、看護師の仕事は年収が高ければ求人数も多いという、何かとメリットが多い職業の一つになると思います。

仕事に楽はない!

しかし、看護師の給与が高いといっても、看護師の仕事は「人の命を預かる仕事」ですので、精神的な負担などが大きい仕事になると思います。

それは、一般的な女性の平均年収よりも年収が高い代わりに、それなりに大変な仕事になるということだと思います。

しかし、世の中に楽な仕事などそうはなく、たとえ楽な仕事があったとしても、楽な仕事はそれなりの給与というのが、定番になると思います。

そして、コストパフォーマンスや将来性などを考えると、看護師の仕事は、通常の仕事に比べ多くのメリットがあると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!