スーパーで野菜を買うなら傷みにくい根菜類で節約する。

スポンサーリンク

野菜を腐らせるのは無駄

スーパーに行くと、キャベツ、レタス、ニンジン、トマト、大根、白菜など、いろいろな野菜が売っていると思います。

そして、スーパーで野菜を買うにも特に何も考えず、その日に食べたい野菜を買うのが普通だと思います。

そして、食べたいと思い買った野菜を、当日か翌日ぐらいに食べるなら良いと思います。

しかし、翌日に食べようと思い食べ忘れてしまったとか、食べたい気分ではなかったなどで、数日後に食べることもあると思います。

そして、数日後に食べようと思い野菜を見ると、色が変色していたり、中には腐っていることもあると思います。

野菜が腐れば、食べることはできませんので、捨てるしかありません。

食べようと思い買った野菜を食べることなく捨ててしまえば、それは無駄でしかなく節約にはなりません。

根菜類を買うべし!

野菜を買うにも、日持ちする野菜や傷みにくい(腐りにくい)野菜を買えば、腐らせることが少ないので、結果的に節約になると思います。

では、どういった野菜を買えば、日持ちしたり傷みにくいのか?

日持ちするとか傷みにくい野菜は、それはズバリ「根菜類」になります。

根菜類とは具体的に、大根、ジャガイモ、玉ねぎ、ニンジン、ごぼう、レンコン、しょうがなどになります。

私自身は、特に「玉ねぎ」が好きで、玉ねぎは日持ちしますので、使うのに重宝しています。

ちなみに、根菜類とは「根や地下茎を食用とする野菜(作物)」になります。

一方、傷みやすい野菜は「葉菜類」で、キャベツ,ホウレンソウ,レタス,セロリなどの野菜になります。

葉菜類は当日が翌日に食べ切る。

しかし、野菜を買うなら日持ちする根菜類が良いといっても、毎回根菜類だけを食べるのも無理があると思います。

そこでどのようにすれば良いのかと言うと…

葉菜類(レタスやキャベツなど)を買ったときは、買った当日か翌日に食べ切ってしまう。

また、根菜類は日持ちしますので、4~5日ぐらいで食べ切ると言う風にすれば、買った野菜を腐らせることが少ないと思います。

そして、買った野菜を腐らせることがなければ、無駄になることはありませんので、結果的に節約になると言うことです。

と、ここまで長々と書いてきましたが…

簡単な話しをすると、基本的に野菜は傷みやすいので、1日でも早く食べ切ると言うことです。

野菜の買い溜めなどについて

また、家族がいる人は別ですが一人暮らしの人などは、野菜の「買い溜め」は避けた方が良いだと思います。

買い溜めは、節約には有効な手段になることも多いと思います。

しかし、買い溜めするにしても、買い溜めして良いモノと悪いモノを区別しなければ、節約にはならないと思います。

安いからと言って、何でもかんでも買えば良いわけではなく、特に日持ちせず傷みやすい野菜の買い溜めは、避けた方が無難だと思います

また、野菜を腐らせそうだと思ったときには…

取り合えず「冷凍」しておいて、後から食べれば捨てることがないので、無駄になることはないと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました