お金のプロがお酒をコンビニで買うワケは少し違う気がする。

スポンサーリンク

たくさんあるからもう1本!

お酒は、1本あたりいくらなのか、という観点で見れば…

売値の安いスーパーや、通販サイトなどでまとめ買いするのが正解で、正しい選択です。

しかし、1本飲んでしまえばついもう1本と、手が伸びてしまいがち。

まとめ買いだと「たくさんあるから、もう1本飲もうかな」となることは、容易に想像できると思います。

そうなると、いくら1本あたりの購入単価が抑えられても、結果的に多くのお金を失ってしまいます。

コンビニでお酒を買うメリット

また、深酒などしてしまえば、翌日のパフォーマンスにも支障が出て、健康面にもよろしくありません。

そのため、お酒だけは多少割高でも最寄りのコンビニで、そのときに飲む分だけを購入するようにしています。

また、コンビニの多くは、消費増税後のキャッシュレス決済のポイント還元しています。

レジで、2%即時値引きが行われるため、お酒も増税前と同じ感覚で買えるのもプラスです。

さらに、1人暮らしの場合も、コンビニは悪くない選択肢です。

コンビニで食材などを買うメリット

3食すべて自炊するなら、割安なスーパーで買い物をして、やりくりするのがベストです。

しかし、急に飲み会が入って、食材を腐らせてしまった。レパートリーが少なくて、食材を持て余してしまった。

そうしたリスクを考えると、多少割高でもコンビニのおひとりさまサイズの食材やお惣菜は、強い味方でしょう。

そこで、値段は大切ですがこだわりすぎると、時間やそれ以外の大切なものを、無駄遣いすることになるかもしれません。

とはいえ、上記のお酒の話しで、たくさんあるとつい飲んでしまうのはわかります。

確かにいうことはわかりますが…

しかし、コンビニで手軽に買えると思うと、自宅にお酒がなくても…

お酒が飲みたいとなれば、わざわざ近くのコンビニまで行って、お酒を買ってしまう人もいると思います。

そうなれば、お金のことだけでなく、コンビニに行く時間のロスにもなります。

また、コンビニのお酒は値引されていませんので、安いスーパーなどに比べると割高です。

例えば、350mlの缶ビールの種類にもよりますが、安いスーパーなら「200円以下」で買うことができます。

しかし、コンビニだと「220円」を超えますので、仮に2%引きになっても割高です。

最後に

さらに、お酒の飲み過ぎは良くないですが…

お酒が好きな人にとって、お酒を無理に我慢することは、ストレスが溜まることになります。

そのことで、イライラしたりなどで、仕事や生活などに支障が出れば、大変なことになる可能性もあります。

ですので、コンビニでお酒を買うことが、一概に良いとはいえないと思います。

そこで、その人の性格や用途などによって、スーパーでもコンビニでも使い分けるのが、良い方法なのかなと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

お金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました