アクセス数を集める記事を書く簡単な方法は他の記事を批判すること?

スポンサーリンク

アクセス数を集める記事を書く簡単な方法

ネットを徘徊していたところ、ある記事を発見しました。

その記事とは、そこそこ読んでもらえる、アクセス数を集める記事を書く簡単な方法です。

それは、他が書いた多く読まれている記事に対し、ケチを付けたり文句を書いたりなど、批判する記事を書くことなんだそうです。

確かに、それは一利あるかもしれないと思いながら、その記事を読んでいました。

批判ばかりの記事はすぐに飽きられる。

そして記事の終わりには、他の記事にケチを付けたり文句を書いたりするような、批判的な記事ばかりを書いていると・・・

次第に飽きられてしまい、最終的に誰にも読まれなくなってしまう。とも書いてありました。

確かに、始めのうちはそういった記事を読むのも、それはそれで興味があるというか、おもしろいのかもしれません。

しかし、そのような記事ばかりでは、記事を読んでいる方も次第に嫌になってしまう。というのがあると思います。

タバコの話しを例にすると

例えば「タバコを吸って何が悪い!」という記事が話題になったとします。すると、愛煙家からは称賛されると思います。

一方の嫌煙家からは「受動喫煙云々」とか「タバコの煙が周りに迷惑」とか「息が臭い」とか「タバコの臭いが我慢ならない」など・・・

そのような、いろいろな批判が出ると思います。

私が思うに、タバコを吸うのは日本で許可されていますので、吸う吸わないは個人の自由で、吸うことに対して何ら批判されることはないと思います。

そこで、タバコを吸う過程で周りに迷惑をかける行為は、当然してはいけない。論点はそこだと思います。

それぞれの言い分

とはいえ、タバコを吸う人には、吸う人なりの言い分があるし、タバコを吸わない人は、吸わない人なりの言い分があると思います。

そこには、いろいろな言い分があると思います。

そこで、タバコの記事について、間違っいると単に批判するだけなら、かいつまんで批判する記事を書けば簡単に書けるということです。

そして、タバコを吸う人からも吸わない人からも、そこそこ読んでもらえる記事になるということで、アクセス数を集められるということです。

最後に

とにかく、私自身他が書いた記事に対して、ああだこうだと批判的な記事を書いてしまうことも多いので、気を付けなければと思っています。

ただ、私が批判的な記事を書くといっても、それは単に批判しているのではなく、こういった考え方もありますよ的な考えで、書いているつもりです。

そこで、常に自分なりの記事を書くことは、難しいとは思いますが、書くことないないからとか、自分の考え方と違うからとかで・・・

他の記事を単に批判する行為は、最終的に全て自分に降り掛かって来ると思っています。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!