真面目に働いても給与が上がらない稼げない病ってどういうこと!?

スポンサーリンク

給与が上がらない「稼げない病」とは

最近、真面目に働いても給与が上がらない。という人が、年々増えているとのことです。

その名を「稼げない病」というそうです。

稼げない病とは、一つの職場で長年働き続けても、会社で業績不振などが続き・・・

給与を上げたくても上げることができず、給与が上がることがない病気だそうです。

そして中には、給与が上がらないならまだしも、給与が下がってしまう人もいるといいます。

私も同じような経験をしました。

私も過去に働いていた会社で、入社してから辞める数年間の間、ずっと給与が上がらない。ということがありました。

その理由は「不景気で会社の業績が落ちているから」ということでした。

しかし、会社の業績は確かに落ちてはいましたが、大幅に落ちているということはなく、今考えると酷い話しでした。

結局、何だかんだと適当に理由を付けて、払わずに済むなら払いたくない。ということだったのだと思います。

それは、経営者なら誰でも、給与を含た会社経営に掛かる経費は、なるべく払いたくないとか少なくしたい。と考えるからだと思います。

意味不明な上司

しかし、そのことで社員に不満が募り、例えば仕事に対するやる気が失われれば、経費が削減できたとしても意味がないと思います。

そして、私の給与が上がらなかった理由に、上記の業績が落ちている以外にも・・・

他の社員は給与を下げる中で、君は現状維持なのだから、むしろ給与は上がっているのと同じことなんだよ!

と、意味不明なことを上司からいわれたこともありました。

そして、給与で文句をいうなら、会社を辞めて転職するか、自営するしかないと思います。

最後に

もちろん、給与が上がらないから転職したいと思っても、家族がいるので下手に転職できないとか、年齢的な問題で転職が難しいとか・・・

何かしらの理由で、転職したくても転職できない。という人もいると思います。

しかし、業績不振などで給与が上がらないのは、経営者に責任があると思いますが・・・

その会社の社員である、本人にも責任があると思いますので、それを考えると仕方がない面もあると思います。

そして、世間並に給与が貰えて、きちんとボーナスが出て、昇給も必ずあるみたいな。そんな企業の方が、むしろ少ないのかなと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!