下流老人になってしまった人の多くが後悔していることとは?

スポンサーリンク

下流老人とは

下流老人とは、生活保護相当で暮らす高齢者、またはその恐れがある高齢者のことで、底辺の生活を強いられ、貧困に苦しむ老人のことになります。

そんな下流老人になってしまった人の多くが後悔していることは、それは「もっと貯金しておくべきだった」ということです。

また、私自身を例にすると、働いている今の生活費としては「10万程度」で生活していますので、金銭的には生活保護以下の生活を送っています。

むしろ、真面目に働いている私の生活費より、生活保護の方が高いというのが今の現状です。

下流以下の生活

最近やたらと、下流老人という言葉がもてはやされていますが、しかし、生活保護相当で暮らす人は、もはや下流老人とはいわないと思います。

それは、上記の私の例のように、10万程度あれば贅沢はできませんが、普通に暮らすことはできますので・・・

それをして、下流老人と生活保護を比較しても意味がないと思います。

むしろ、生活保護をもらって生活している人は、下流老人と比べると贅沢な生活になると思います。あくまでも下流老人と比べるとですが・・・

一番やっかいだと思うのは?

一番やっかいだと思うのは、中途半端に財産や資産があり、そのため生活保護が受けられず、生活保護以下の生活を強いられる人たちだと思います。

そして、その財産や資産を使ってしまえば、将来的に不安になってしまい、使おうにも使うことができない。

しかし、その財産や資産があることで、生活保護を受けたくても受けられず、生活保護以下の生活を強いられている。

結局、財産や資産を使えず生活保護も受けられない、どっち付かずになってしまい、下流以下の生活にならざる負えない人が最近増えています。

最後に

下流老人になってしまった多くの人は、もっと貯金しておけば良かったと後悔をしているようですが、貯金するといっても限界があると思います。

それは、給与が多い人や始めから財産などを持ち合わせている恵まれた人は、老後の貯金などを貯めようと思えばそれなりに貯められると思います。

しかし、大多数の人はそうではない人で、そうではない人とは、私も含め給与も安ければ財産も持たない人です。

結局、少しでも早くから老後のことを考え、老後のために貯金や投資などに励まなければ、今の日本では、下流老人になる可能性が高まるということだと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

おすすめ記事一覧
老後・介護
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ