セミリタイアした人が会社員に戻れなくなる理由について

スポンサーリンク

ずっと働かずして暮らしたい!

私は何度も転職していますが、会社を辞めてから次の会社に決まるまでの求職期間中は、無職になります。

そして、求職期間中は無職になりますので、いうなればセミリタイアしてるのと、同じような状況になります。

そこで思うのは、このままずっと働かずして暮らしたいと思うことです。

それは、仕事してないと時間的な拘束がありませんので、いかに自由な時間が多く使えるかということがわかるからです。

そして自由時間に、趣味をするも良し、読書をするも良し、ネットをするも良しで、時間が多くあれば、やりたいことがいろいろできると思います。

決まった時間に起きなくても良い。

セミリタイアすると仕事に行くのに、毎日決まった時間に起きることがなくなります。

それは、朝7時に起きても9時に起きても、何時に起きても良いということです。

そして、決まった時間の起床がなくなるだけでも、セミリタイアする価値はあると思います。

それは、時間的にも気持ち的にも、余裕が持てるようになるからです。

もちろん、セミリタイア後にバイトなどしていれば、時間的な拘束はあります。

しかし、セミリタイア後にバイトをするといっても、毎日ではないと思いますので、時間的な余裕は十分あると思います。

セミリタイアは自己管理が大変

しかし、セミリタイアしたからと自由にダラダラするだけでは、セミリタイアしない方が良かったとなりかねないと思います。

そこでセミリタイア後には、時間などを含めた「自己管理」が大変になると思います。

それは、自己管理ができないことで・・・

生活リズムが不規則になったり、家にいることが多いことで運動不足になったり、そのために肥満になるなどがあるからです。

また、お金の使い方にしても働いていたときほど、自由に使うのは難しいと思います。

それは、セミリタイア資金を少しでも減らさないようにするのに、節約が多くなる生活になるからです。

そこで、より厳しい自己管理が必要になるということです。

セミリタイアすると会社員に戻れなくなる①

逆をいえば、自己管理さえしっかりしていれば、セミリタイアはとても有意義な時間になると思います。

しかし、自己管理ができないと、堕落したセミリタイア生活になってしまうと思います。

そして、セミリタイアを一度でも経験してしまうと、時間的にも気持ち的にも窮屈(きゅうくつ)な会社員には戻れなくなるといいます。

その理由は、会社員だと時間的な拘束を多く受けることになりますので、時間的な余裕が少なくなるからです。

また、会社員だと時間的な拘束だけではなく、仕事上での悩みも付いてきます。

セミリタイアすると会社員に戻れなくなる②

仕事では、仕事のやり方や内容で悩んだり、嫌な人間関係などもありますので、仕事以外のプライベートで悩むことになります。

そういった意味でもセミリタイアすると、会社員には戻りたくないと思ってしまいます。

そこで、セミリタイアを止めて会社員に戻るとなると・・・

セミリタイアしていた自由とは別世界になりますので、会社員に戻りたくないと思うのは、当然のこととしてあると思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました