ジョブチューンで試食拒否の小林幸司シェフの炎上で思ったこと。

スポンサーリンク

ジョブチューンにて

1/1にTBS系で放送された「ジョブチューン~元日SP~」のジャッジ企画「ファミリーマートVS超一流料理人」で、料理人の1人がメニューを食べないというハプニングが発生した。

ファミリーマートが出したメニューは「和風ツナマヨネーズ」。税込定価118円の定番のおにぎりだ。

ジャッジする料理人たちが味を確かめる中、“イタリアンの鬼才”と言われる「フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ」の小林幸司氏は、おにぎりをさまざまな角度からチェックするも口にしなかった。

MCの同局の杉山真也アナウンサーが「小林さん、何かありましたでしょうか」と尋ねると、小林氏は「いや、ぼくもういいです」。

杉山アナが「召し上がらない」と確認すると「ハイ」と言い切った。

試食拒否で大炎上

上記に対して、小林(小林幸司)シェフが「食べずに見た目でだけで評価するとは何事か!」と炎上しました。

そこで私が思ったのは「こう言った人も中にはいる」と言うことです。

世の中にはいろいろな人がいて、見た目だけで判断する人も中にはいると言うことです。

人には好き嫌いがあって、例えば「ゲテモノ料理」(クモとかサソリとかコウモリなど)を見て、食べたいと思う日本人は少ないと思います。

もちろん今回のおにぎりとゲテモノ料理を同類に評価することはできませんが…

例えば、日本人に好まれている海苔(のり)などは、黒い食べ物として外国人が食べたがらない食べ物の一つになります。

ですので、食べ物は見た目も重要だと言うことです。

見た目は悪くなかった。

私は、実際にファミリーマートの和風ツナマヨネーズを見たのですが、見た目が悪いとは全く思いませんでした。

それを見て、100円程度で買えるおにぎりに、見た目を問うのもどうかと思いました。

もちろん見た目が圧倒的に悪いのであれば、ビジュアルが悪いとお叱りを受けても仕方ないと思います。

しかし、一般的に安く買える普通の見た目のおにぎりに対して、ビジュアルが悪いと評価するのもどうかと思いました。

ですので、こう言った人もいるんだな程度で、流せば良かった話しだと思います。

また、こう言った内容をテレビで放送すべきではなかった。と言う人もいますが…

私はテレビで放送したことで、こう言った人もいることが知れたのは、逆の意味で良いことだと思いました。

実際に作らせればいい

で、小林シェフがどんな料理を作っているのかと思い、少しツイッターを見たのですが…

正直見た目が悪い料理も載っていて、これで他の料理に対して、ビジュアル云々を問うのもどうなのかなと思いました。

そこまで言うなら、小林シェフに実際におにぎりを作ってもらえばと思いますが、まあやらないでしょうね。

だって、100円程度で買えるコスパのおにぎりに対して、どこをどう改良してみても、それほど良くなる要素がないですから。

とにかく、世の中にはいろいろな人がて、その人の評価として見た目が悪い。と言う話しになっただけのことだと思いました。

また、上から目線で評価(過剰な演出?)したり、編集の方法にも問題があったのかなと思いました。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました