投資に自信がある人ほど投資で失敗する傾向が強いそうです。

スポンサーリンク

投資に自信がある人は少ない

投資において、自信がある?自信がない?そのどちらかと聞かれたら「自信がある」と答える人はいるでしょうか?

そのほとんどが「自信がない」と答えると思います。

それは、投資において何度も売買を繰り返していて、常にプラスになっているという人は「皆無」だからです。

そこで、大抵の人は「投資に自信がない」と答えるということです。

それでも、中には「投資に自信がある」と答える人もいると思います。

投資に自信がある人の傾向

そして、投資に自信があると答える人の多くは、投資で失敗する傾向が強いそうです。

その理由は、投資に自信がある人は、短期的な売買を繰り返す傾向が強いからで・・・

投資全体の運用成績は、短期的な売買を繰り返すことよりも、長期的な投資の方が、運用成績が良いからです。

そこで、短期的な売買を繰り返す人は、損をすること必然的に多くなり、投資で失敗してしまうということです。

それが、投資に自信がある人の傾向ということです。

投資には得手不得手がある

もちろん、短期的な売買を繰り返すことが、絶対的に損をするというわけではありません。

それは、人それぞれ自分に合った投資スタンスがあり、得手不得手があるからです。

そこで、短期投資に向いている人もいれば、長期投資に向いている人もいるということです。

ちなみに私は、短期的な投資は不得意なので、基本的に長期投資しかしません。

もっといえば、短期投資だと自分のポジションが気になってしまい、いても立ってもいられなくなってしまいます。

短期的な売買が苦手な私

そのことで、例えば仕事中に自分のポジションを、何度も確認してしまったり・・・

または、いつ売ろうかなどと考えて、ずっと売るタイミングで悩むことになります。

そういったことで、私は短期的な売買には向いてないと思い、基本的に短期的な売買をすることはないということです。

そして、投資に自信があると答える人がいる一方で、投資に自信がないと答える人は、そもそも投資をしないか・・・

もしくは、仮に投資をしたとしても、短期的な売買をすることが少ないそうです。

一度立ち止まって考える必要

そこで、長期投資になることが多く、投資に自信がある人よりも、投資に自信がないという人の方が・・・

結果的に、利益を得やすい(損をしにくい)ということになるそうです。

また、投資に自信がある人は、自分の投資スタンスに「自信過剰」になる人もいるそうです。

そのことで「大損してしまった!」などのこともあるそうです。

そこで、投資に自信がある人は、自信過剰などになってないか、一度立ち止まって考えてみると良いと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

投資・株
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました