老後資金に多くの人の関心が高まっていると思います。

スポンサーリンク

老後資金2000万円問題

老後資金に2000万円が必要との問題が浮上してから・・・

老後資金に対して、多くの人の関心が高まっていると思います。

それは、年金だけでは老後の生活費は足りず、多くの老後資金が必要になるという関心です。

そこで、老後資金2000万円問題については、多くの人が老後資金のことを考える、良いキッカケになったと思います。

そういった意味では、老後資金2000万円問題は、良い掲示だったと思います。

2000万円は大金です!

しかし、老後資金に2000万円が必要といわれても、2000万円といえば大金になります。

そこで、2000万円貯めようと思っても、簡単に貯められる金額ではないと思います。

さらに、最近は格差社会ともいわれていて、給与の格差が大きくなっていると思います。

それは、正社員といわれる人、派遣やバイトといわれる人、その給与格差の壁です。

そして、正社員は基本的に給与が高く、派遣やバイトは基本的に給与が低いと思います。

正社員と派遣とバイトの壁

ですので、給与が高い正社員ならば、老後資金の2000万円貯めることは可能だと思います。

しかし、給与が低い派遣やバイトでは、2000万円貯めようと思ってみても、厳しいところがあると思います。

それは、派遣やバイトの多くが「年収200万円以下」ともいわれているからです。

そのことで、生活するだけで精一杯で、貯蓄にまでお金を回すことができないからです。

そうなってしまうと、老後資金に2000万円が必要といわれても、状況的に厳しいと思います。

安易に資産運用と言い過ぎ!

そこで、少ない資産を大きく増やす「資産運用」という話しになると思います。

しかし、資産運用するにも資産がなければ、資産運用したくてもすることができません。

また、仮に資産があったとして、資産を運用に回してみても、利益が出るかといわれると、必ずしもそうではありません。

そこで、長期的な視野に立ってなどといわれますが、長期で資産を運用してたとしても、それは同じことです。

その後に勧められるのが、税金面などで有利な「iDeCo」や「つみたてNISA」ですが、それも不確かだと思います。

早ければ早いほど良い

老後資金について考えるのは、早ければ早いほど基本的に良いと思います。

そして、自分自身のマネープランを客観的考えて、早くから対応すれば、老後に対する安心感は増すと思います。

そこで、老後資金について、貯蓄してコツコツ貯める人もいれば、投資でリターンを得たいと考える人もいると思います。

そして思うのは、少ない資金をより多く増やすなら、投資ということになると思います。

しかし、投資にはそれなりのリスクがありますので、リスクを考えながら投資する必要があると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました