保険は掛け捨て型と貯蓄型のどちらが得で節約になるのか?

スポンサーリンク

保険は掛け捨て型と貯蓄型の二種類

保険については、何かしらの保険に入っている。と言う人が多いと思います。

むしろ、保険に入ってない人の方が少なく、少数派になると思います。

そして、保険を大きく分けると「掛け捨て型」(かけ捨て型)と「貯蓄型」(積立型)の「二種類」になります。

そこで、まずはその二種類の保険について、以下に軽く説明したいと思います。

掛け捨て型について

掛け捨て型とは、その名の通り掛けた保険料が、基本的に返って来ない保険になります。

ただし、掛け捨て型と言っても、組合費(会費)が、毎月少額が積み立てられていたり…

また、剰余金(割戻金)として、使われなかった保険料が、返金される保険もあります。(全労災や都民共済など)

ですので、掛け捨て型といっても、いろいろな種類の掛け捨て保険があります。

貯蓄型について

貯蓄型とは、保険料の一部もしくは全てが、毎月積み立てられる保険になります。

そこで、保険を途中解約した場合は、積立てた分の保険料が返ってきます。

また、満期まで保険を積立てると、そこに金利などが上乗せされ、満期金として積立てた保険料が返ってきます。

簡単に説明すると、銀行の「積立定期」(定期預金)のような感じになります。

結論は人による。

そこで、掛け捨て型と貯蓄型のどちらの保険が、得で節約になるのかですが…

結論としては、どちら保険にもメリットとデメリットがあり一長一短で、どちらの保険が得とも節約になるとも言えません。

まず、掛け捨て型のメリットは「保険料が安いこと」で、デメリットは「払った保険料は基本的に返ってこないこと」です。

一方、貯蓄型のメリットは「保険料が積み立てられている」ので、もしものときなどには、積み立てた保険料を使うことができます。

さらに、満期になれば金利が上乗せされて、満期金として返ってきます。

そして、貯蓄型のデメリットは「保険料が高いこと」です。

今か将来かの違い

そこで、保険料を安くしたい人は、掛け捨て型と言うことになると思います。

一方、保険も合わせた将来的な貯蓄などが目的なら、貯蓄型の方が良いと言うことになると思います。

その辺は、考え方次第でどちらの保険に入るかが決まりますので、人により入る保険の種類は違ってきます。

ちなみに、私は掛け捨て型と貯蓄型の両方に入っています。

理由は、掛け捨て型で保険料を抑えて、さらに将来的な貯蓄も考えたいので、貯蓄型にも入っています。

それは、掛け捨て型と貯蓄型の中間と言った感じになると思います。

最後に

あくまでも、私の個人的の意見は、現在の収入が少なかったり、手持ちのお金が少ない人は、掛け捨て型で良いと思います。

それは、将来のわからないことより、今使うお金の方が大切だと思うからです。

一方、お金に余裕がある人は、貯蓄型で貯蓄することで…

将来と言うか満期になったときに、使えるお金に余裕ができますので、貯蓄型の方が良いと思います。

例えば、安いのが理由だけで、掛け捨て型にしたり…

もしくは、収入が少ないにも関わらず、無理に高い貯蓄型に入ったり、それはダメな保険の掛け方だと思います。

そこで保険は、自分の生活レベルと目的に合った保険に入るのが、重要になる思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました