セミリタイアに不労所得があれば強い味方になります!

セミリタイア資金について

セミリタイアするには、セミリタイアするための資金が、多くあればあるに越したことはないと思います。

しかし、その資金を気にしていては、セミリタイアできないことにもなりかねません。

例えばセミリタイアするのに、5000万円必要と考えている人がいるとします。

そして、現在の貯金が2000万円だとすると、その差は3000万円になります。

そこで、3000万円貯ている間に高齢になってしまい、セミリタイアするチャンスを逃してしまうこともあると思います。

不労所得があれば…

しかし、毎月「不労所得」があるととしたら?

不労所得とは、基本的に働かず得られる収入で、例としては、株の配当だったり、不動産の賃貸収入だったりします。

そして、仮に月10万円の不労所得があるとしたら、年間では120万円になります。

それを上記の3000万円で割ると「25年」になります。

そこで、5000万円なくても不労所得が相応にあれば、貯金が2000万円でもセミリタイアすることは可能だと思います。

安定しない不労所得は不安

ただし、不労所得があるとしても、安定した収入ではない場合、不安になると思います。

例えば不労所得の内容が、アフィリエイトだった場合、収入は月によって多いときもあれば、少ないときもあると思います。

また、相手の都合で広告の単価を下げら、収入が少なくなる場合もあると思います。

そういったことなどを考えると・・・

セミリタイア資金が、5000万円あるのと2000万円+不労所得とでは、不安の度合いが違うと思います。

不労所得が増えれば安定する。

上記の2つを比べると、セミリタイアするには前者の5000万円の方が、精神的なことなどを考えると良いと思います。

ただし、不労所得は減ることもあれば、逆に増えることもあると思います。

そこで、不労所得が増えることになれば、セミリタイア後の生活などは、より安定することになると思います。

とはいえ、不労所得については、株にしろ不動産にしろアフィリエイトにしろ、不安定なものが多いと思います。

不労所得でセミリタイア後の生活が楽に!

そこで、不労所得ではないですが、セミリタイア後の収入源としては・・・

軽いバイトなどをして働くのが、一番安定した収入源になると思います。

しかし、セミリタイア後に不労所得があれば、生活費の足しになると思います。

また、セミリタイア資金の取り崩しが少なくなりますので、金銭的にも精神的にも楽になると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました