全人類が免疫を持つまで感染は止まらないと聞いて怖くなる。

スポンサーリンク

全人類が免疫を持つまで感染は止まらない

TBS系「サンデーモーニング」で、世界的に流行する新型コロナウイルス感染症について特集した。

番組では、世界の感染者数が110万人を超えたことを伝えた。

この一週間で拡大していることに、スタジオに出演した元国立感染症研究所研究員で、白鴎大の教授は…

新型のウイルスでございますので、世界77億人口おりますけど、この人たちがワクチンなどで免疫を持つまでは、流行は止まらないので、これは序の口でございますと指摘した。

拡大を止めるには、人の動きを止めるしかない。人の動きを止めることで、経済とか人心的なパニックが起きている。

そのはざまで今、大変なことになっている。

ワクチンができるまでは、なるべくかからないようにする。これしかないと訴えていた。

自粛するしかないですが…

確かにその通りで、新型コロナに感染しないようにするには、自分で考えて自粛するしかないと思います。

しかし、自粛するにも限度があり、例えば仕事をしている人は…

電車にも乗れば、人が行き交うオフィスなどで、仕事をしなければなりません。

また、生きるためには、食べ物も必要になります。

そこで、食べ物を買うのに、スーパーやコンビニなどに行くことになります。

そういったことをしていれば、いくら他のことで自粛したとしても、少なからず感染のリスクがあると思います。

怖いと思ってしまった。

そこで、一刻も早くワクチンができることを願うばかりですが…

ワクチンができるまでには、最低でも半年から1年はかかるといわれています。

それは最低のことで、場合によっては数年とか、長ければ十数年かかることもあるそうです。

そこで、新型コロナが長引く可能性があり、新型コロナが長引くことになれば、感染者は増える一方になります。

そういったことを考えると、怖いと思ってしまいました。

また、未だに風邪の特効薬がないように、新型コロナを治せるワクチンができない可能性もあると思います。

一日でも早く検査環境と整えて欲しい

新型コロナに感染しないためには、なるべく出歩かないことだと思います。

そのことで、感染するリスクを抑えられるのと同時に、感染者を増やさないことにも対応できると思います

また、早く抗体検査ができるように、体制を整えて欲しいです。

それは、新型コロナに感染したかもと思っても、検査してくれないことには、感染しているかどうかわからないからです。

そこで、治療するのが遅くなってしまい、場合によっては亡くなることもあると思います。

そういったことがないように、初期段階で対応できるように、一日でも早く検査環境を整えて欲しいと願っています。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました