早期リタイア後の海外移住で生活しやすい国の傾向と特徴

スポンサーリンク

早期リタイア後の海外移住

グローバル化の進展により、商品やサービス、財、情報などの移動コスト

さらには、地理的な制約が逓減(ていげん)していく中、住まいとしての地域選択も多様化しています。

そうした動向は、日本国内にとどまらず、海外に移住するという選択を、一般化させつつあると言えるかもしれません。

特に、資金面および生活面からきちんと計画したうえで、早期リタイアを実現すれば・・・

物価の安い国で、悠々自適な引退生活を送ることも可能でしょう。

海外移住で第二の人生

日本国内の諸問題から遠く離れ、異国の地で快適さと刺激にあふれる日々を過ごす。

そうすることは、第二の人生として、実りの多いものとなるはずです。

そしてその選択は、計画と行動によって、可能になると思います。

そこで、引退後の快適な生活を実現できる国には、どのようなところがあるのか?

移住先として人気が高まっている国を中心に、以下にそれぞれの特徴について見ていきます。

タイ

タイは、日本から近く経済発展も目覚ましい。

南アジア諸国のひとつで、仏教をベースにしているタイには、数多くの日本企業が進出しています。

日本人に対しても、馴染み深いのが特徴です。

地理的にも、それほど日本から離れていないため、相互の旅行先としても人気です。

とくに、首都バンコクの発展は目覚ましく、インフラから商業施設、食事環境まで、日本と遜色ありません。

ドイツ

勤勉な国民性と美しい街並み、ヨーロッパに位置するドイツ

歴史的にみても、日本とドイツは150年以上の長きにわたって、交流を続けるなど強い結び付きがあります。

また、勤勉という国民性も共通しており、ビール好きである点も共通項のひとつです。

そんなドイツの街並みは、非常に美しく、経済的にも安定していますので、移住先として人気があります。

ただし、冬は寒いので注意が必要です。

ハワイ

温暖な気候と英語が通じる安心感、アメリカ合衆国の領土であるハワイ

リゾート地として広く知られているハワイは、日本人にとって身近な存在です。

そのため、生活環境に馴染むまでの制約が少なく、ロングステイする人も数多くいます。

日本語が通じるエリアもありますが、基本的には英語圏なので、語学学習にも最適でしょう。

ただ、物価が非常に高いのが難点です。

最後に

早期リタイアした人にとって、海外移住は選択技のひとつになると思います。

そして、誰も知らない異国の地で生活することは、希望や夢などに溢れていて、憧れる面もあると思います。

さらに、日本より物価が安いとなれば、経済的な負担を軽くすることもできます。

しかし、言葉が通じないことや、場所によっては不衛生であったり、近くに病院がないなど、デメリットも多くあります。

そこで、あくまでも私の個人的な意見ですが、海外移住にそれほど大きな魅力を感じることはありません。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました