無理して東京に住んでいたけど離島移住で蘇った定年退職者

スポンサーリンク

離島移住で元気を取り戻したAさん

定年を目前にして、すっかり老け込んでしまったAさん

しかし、心から良いと思えるところに移住したことで、本当に望んでいた暮らしが実現し、元気を取り戻したそうです。

そんなAさんいわく「果たして東京はそんなに住みやすいところなのでしょうか?」そんな疑問を投げかけています。

また「無理して東京に住んでいませんか?」ともいっています。

何をしたかったんだろうか?

Aさんは東京に住み、長年会社勤めをして、給与もそれなりにもらっていたそうです。

ところが、定年のニ文字が頭をもたげ出した頃、自分の人生を振り返ってみて、何ともいえない虚しさを感じたそうです。

それは、高い家賃を払って都会に住み、慌ただしい毎日を送り、そして今は、老後の心配をしているからです。

そして、自分はこの人生で何をしたかったんだろうか?と感じたそうです。

奄美大島に移住を決意

そこで、Aさんが始めたのは、自分らしい生き方を見直し、実現できる「自分の拠点」を探すことだったそうです。

そこで見つけた安住の地は、九州の鹿児島県にある「奄美大島」だったそうです。

ちなみに、東京から奄美大島に行くには、LCC(格安航空)の飛行機で、足ったの「3時間」で着くそうです。

そう考えると奄美大島は、遠いようで意外に近いと思います、

しかし奄美大島などは、観光で行く分には、自然が多く、景色はキレイで、食べ物はおいしく、良いと思いますが・・・

しかし実際は…

実際に住むとなると、何かと不便になると思います。

まず、生きて行くのに必要な食料を買うにも店は少ないく、さらに病院や学校なども少ないと思います。

そういったことなどを考えると、住む場所にもよると思いますが、生活するには何かと不便になると思います。

また、周りに知り合いなどがいなことで、不安になることもあると思います。

そして、セミリタイアといわれると、移住などを考える人も中にはいると思います。

住みやすいところに住むのが一番

移住しても成功すれば良いと思いますが、失敗に終われば目も当てられないと思います。

それは、移住先が気に入り土地を買うも、後に失敗したと移住先から撤退して、大損してしまった人もいるからです。

そこで移住するには、移住先を十分に下見するのは、もちろんだと思いますが・・・

いろいろな問題があると思いますので、十分な検討が必要になると思います。

とにかく、東京でも奄美大島でも無理に移住することなく、自分が住みやすいと思うころに住むのが、一番だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました