いきなり!ステーキ、いきなり店舗を拡大して業績が失速!

いきなり!ステーキの業績が失速

いきなり!ステーキを運営する、ペッパーフードサービスが・・・

14日に発表した2月の既存店売上高は、前年同月比「75.1%」にまで落ち込んだ。

これで前年割れは、2018年4月から11カ月連続となった。

いきなり!ステーキは、13年に1号店を銀座にオープンし、肉を1グラム単位で量り売りしています。

また、立食形式で回転率を高めることで、手ごろな価格で商品を提供したりする、新しいコンセプトで人気を集めてきた。

実際に行ったことがある人は少ない

ちなみに、いきなり!ステーキとは、その名の通り「ステーキ屋」になります。

また、いきなり!ステーキといえば、知っている人も多いと思います。

それは、テレビなどで名前を聞いたとか、ネットでチラっと広告を見たとか、そんな感じの人が多いと思います。

しかし、いきなり!ステーキに行って、実際に食事をしたことがあるという人は、少ないのではないでしょうか?

それは、いきなり!ステーキの値段を見るとわかると思います。

いきなり!ステーキは高いと思う

いきなり!ステーキで、一番安い300gカットのステーキの値段を見ると、税込みで「2000円以上」になります。

※ ネットで軽く見た程度ですので、もっと安いメニューがあるのかもしれません。

そこに、ご飯、サラダ、スープを付けると「3000円」近くになります。

そして、最低でも3000円近く出さないと食べられない、チェーン店のステーキってどうなの?という話しです。

さらに、少しお高目のステーキを注文すると、優に4000円を超えることになります。

ファミレスなら「半額」で食べられる。

例えば、ファミレスなどでステーキを食べようと思えば・・・

ご飯などがセットになっていて、1500円も出せば食べられると思います。

もちろん、いきなり!ステーキと比べると、肉の量も質も違うと思います。

それでも、半額でステーキが食べられるなら、ファミレスなどのステーキを選ぶ人の方が、多いと思います。

さらに、おいしい肉が食べたいと思うなら、値段は高くなると思いますが、その手の店に行く人が多いと思います。

私の勝手な見立て

そこで、あくまでも私の勝手な見立てになりますが・・・

いきなり!ステーキの業績が失速した理由は、値段や肉質やサービスなどの内容が、中途半端だからだと思いました。

それは、安いステーキが食べたいならファミレスなどに行く。おいしい肉が食べたいならどこぞの有名店に行く。

また、肉がたくさん食べたいなら、焼肉食べ放題の店に行く。

結局、メディアなどに取り上げられ、話題性だけといっては何ですが、それで今まで業績が伸びていたのではと感じました。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました