どこぞの不動産コンサタントがもう家は買うなと提唱しています。

スポンサーリンク

もう家は買うな!

どこぞの不動産コンサルタントが「もう家は買うな!」と提唱しています。

その理由は、今後日本の人口は確実に減少して、将来的に賃貸の空き家は、三軒に一軒の割合になるからだそうです。

そのことで賃料が下がり、家を買うより賃貸で借りた方が家計には良いので、もう家は買うなといっています。

特に地方にあるファミリータイプのマンションは、今後値崩れが起きて大きく値が下がるといいます。

そして、最近その傾向が見え始めていて、都内の有名どころにある、1Rや1LDKなどの賃貸は、賃料が下がっているそうです。

どちらでも良いかな

そして私の意見は、家を買おうが賃貸だろうが中途半端ですが、どちらでも良い中立的な意見です。

その理由は、将来なんて誰にも予測できないし、何かの理由で土地やマンションの価格が上がるかもしれない。

例えば、中国が日本の土地を買い漁って、土地の価格が上がるとか・・・

もしくは、日本が移民を受け入れることになり、大量の移民が日本に来て、土地や賃貸が足りなくなるとか。

そうなったときに、いざ賃貸を借りようと思っても、安く借りられるかどうかは、わからないということです。

家を持つことのメリット・デメリット

そこで、家を持つことのメリットとデメリットは、何なのかを考えると・・・

メリット
・資産になる。
・ずっと暮らせる住家を持てる。
・家を借りる心配をしないで一生暮らせる。
・ペットを飼える。
・庭で家庭菜園など楽しめる。

デメリット
・ローンを払い続ける(一括で買えばナシ)
・賃貸のように住み替えができない。
・近所に洗濯おばさんみたいなアホがいると最悪
・近所付き合いが面倒

上記以外にも、家を買うメリットやデメリットは、いろいろあると思います。

将来的なことは誰にもわからない

どこぞの不動産コンサルトがいう通りで、将来的に賃貸の賃料は、安くなる傾向が高いと思います。

ただし、上記にも書いたように、将来的なことは誰にも予測できないと思います。

それは、あくまでも可能性とか確率の問題で、日本の人口が減少すれば、おのずと空き家が増え、賃料が下がるということです。

そこで、家を買った方が良いとか賃貸が良いとかは、当然だと思いますが、人それぞれになると思います。

最後に

お金に余裕があって、家を買いたいと思う人は買えば良いと思し、賃貸でもいい人は、賃貸を借りれば良いと思います。

私がダメだと思うのは、お金がないのに無理してローンとかを組んでとか・・・

必要以上に借金して家を買い、そのことで生活自体がカツカツになってしまうのが、ダメだと思います。

ただ、それでも家を持つことが幸せだと思うなら、それでも良いと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました