就職氷河期世代が苦しいと言われている理由について

スポンサーリンク

就職氷河期世代について

最近注目を集めている「就職氷河期世代」(就職氷河期)というキーワード

ロストジェネレーション世代ともいわれていて、1993~2004年に学校卒業期を迎えた人のことを言います。

それは、バブル崩壊後で就職することができず、そのまま30代や40代になってしまった世代

そのことで収入は少なく、引きこもりが多かったり、未婚率が高い世代になります。

そして、今になって「就職氷河期世代を支援しよう!」という流れになっています。

バブル崩壊の煽りを受ける

1990年代前半から2000年代前半にかけて、バブル経済が弾けてしまったことで、日本経済はどん底を迎える。

その煽りを受けて、有効求人倍率が1倍を切ったり、1倍前後で推移することになります。

ちなみに、1993~2004年の間で、有効求人倍率が一番最悪だった年は、1999年の「0.48倍」になります。

このことで、2人で1社の求人を奪い合うことになります。

これでは、就職したくても就職することができず、もしくは、大きく妥協して就職するしかありません。

新卒切符を台無しにされる

就職氷河期世代の不幸は、新卒切符を台無しにしてしまったことです。

新卒切符とは、高校なり大学を卒業して、最初に就職する会社を選ぶ、人生で一度しか使えない切符になります。

この大切な新卒切符をバブル崩壊で、台無しにされたことで・・・

最初に働いた会社で、つまづいてしまった人は多いと思います。

そのことで、引きこもりになってしまったり、フリーターや派遣で働くことになった人は、多かったと思います。

非正規社員の拡大

また、小泉元首相の改革の影響もあったと思います。

それは、非正規社員(派遣など)の規制を大幅に緩和したことです。

そのことで、非正規社員は増えましたが、正社員の求人は、大きく減ることになりました。

そこで、正社員になりたくてもなれない人が溢れてしまい、非正規社員に甘んじた人もいたと思います。

また、正社員の求人が減ったことで、新卒から正社員で入社する求人も減りました。

国に頼っても無駄!?

就職氷河期世代は、バブル崩壊の煽りを受けてしまった世代になります。

そして、小泉元首相の改革やリーマンショックなどの影響で、さらし沈むことになります。

そういった人のために、現在いろいろな支援をしようとしていますが・・・

仮に支援されたとしても、30代後半や40代からまともな職を得るなど、うわべだけの支援では難しいと思います。

そこで、国に頼ったところで効果は薄く、結局のところは、自分で道を切り開くしかないと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました