家を出るのは月に一度だけの増加する引きこもり主婦の実態

スポンサーリンク

引きこもり主婦の実態

夫や子ども、兄弟姉妹など近しい家族以外と交流することなく…

社会的に孤立している状態にある「ひきこもり主婦」が、近年、増加傾向にあるといいます。

他者とのコミュニケーションの煩わしさは理解できますが、なぜ彼女たちは、自分の家という殻に固執し、閉じこもるのでしょうか。

長野県に住む「Kさん」(30代・主婦)

Kさんは、同じ会社で働いていたご主人と27歳で結婚。

それと同時に仕事を辞めてから、ほぼ家から出ることなく過ごしているといいます。

友達に合わせるのに必死だった。

学生時代まで、友達は普通にいたんです。

学校帰りに、地元で人気のあったラーメンを食べに行ったり、文化祭のあとは、みんなでファミレスに行って騒いだり。

社会人になった頃かな。いわゆる子どもっぽい人づきあいがひと段落したら、ラクになったんですよね。

それまでは、周囲から浮かないように、いじめられないように…

そんな不安から、友達に合わせるために、必死になっていたというKさん。

会社に入ってから味わった「仕事をしていれば文句を言われない」環境に、ほっとしたといいます。

イベントゼロの会社

夫と私が働いていた会社は、社長の意向もあり…

いわゆる、会社主催の飲み会や社員旅行、懇親会といった、人づきあいのスキルが必要になるイベントがゼロだったんです。

出社してタイムカードを押したら無言で席へ。

お昼はお弁当を作っていき、本を読みながらひとりで黙々と食べていました。

もちろん、夕刻は定時退社。

誰かの相手をほぼしなくてよかったので、すごく幸せでした。

家から出ないで困ることはない。

結婚を機に退職したのですが、それ以降、外に出掛けることは、月に一度あるかないかです。

そして、夫や子どものためにごはんを作ったり、テレビを見ながらぼ~っとする毎日は、まさに天国です。

買い物は生協やスーパーの宅配サービスを利用。

服はすべて通信販売で購入。

読みたい本があればネットでダウンロード、家から出ない生活で困ることはひとつもないといいます。

本当なら、ママ友を作ってわいわい楽しむのが、母として正しいんだろうなと思うこともあります。

でも、無理して疲れてしまって、夫や子どもに迷惑をかけるのはイヤなんです。

最後に

上記を読むと、休日に引きこもりることが多い私は、共感する部分が多いです。

例えば、会社の飲み会とか社員旅行とかの無駄な付き合いって、本当に嫌というか言葉悪いですが地獄です。

また、私は人付き合いが苦手なので、本音をいえば会社に行きたくないし、一人で過ごす時間が好きです。

ですので、引きこもることができるKさんのことが、凄く羨ましく思います。

そこで、引きこもり主婦などというと、世間からすると、悪いことをしているようなイメージですが…

家事や育児など家庭のことをしっかりとしているなら、特に問題ないと私は思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました