台風19号で避難してきたホームレスを台東区が拒否し物議

スポンサーリンク

台東区がホームレスを受け入れ拒否

先日起きた台風19号で、台東区は自主避難所を訪れたホームレスの男性2人に対して、利用を断ったという。

その理由については「(自主避難所は)区民を対象としていて、それ以外の人は受け入れられない」と回答

区が2人に住所と名前を書くように促したところ、2人が「住所がない」と答えたため断った。

区は今後「住所不定者をどう援助できるかを検討する」としている。

ネットでは「ホームレスの自己責任」「税金払ってないんだから仕方ない」という声があったという。

結果論でしかないですが…

確かに、自己責任とか税金とか、もろもろの問題はあると思います。

とはいえ、台風の最中に避難を受け入れず、外に放り出すのもどうかと思います。

そこで、結果論でしかないですが、ホームレス用の避難場所を別に、用意しておけば良かったのかなと思います。

もちろん、一般の方と一緒に受け入れてあげれれば良かったと思います。

しかし、臭いの問題や衛生面の問題などがありますので、一般の人と一緒にというのは難しいと思います。

もし隣にホームレスが来たら?

仮に、私が避難していて隣にホームレスが来たら、正直言って嫌だなと思います。

それは、ホームレスのことが嫌いとかではなく、上記に書いた臭いとか衛生面の問題があるからです。

そして中には、突然奇声をあげたり、暴力的なホームレスもいますので、そういった問題もあると思います。

それでも、どうしてもというなら、大人なら我慢できなくはないと思います。

しかしこれが、子供とか乳幼児などの場合には、果たして我慢できるのかと思います。

助けてあげたいとは思うけど…

ましてや、体が弱い乳幼児や高齢者などだと、場合のよっては、何かの病気に感染する恐れもあると思います。

そこで、人道的には助けてあげたいと思う反面、いろいろなことを考えると、難しいのかなと思います。

そこで上記に書いた通り、別に避難所を設けたら良かったのだと思います。

また、実際に私の隣にホームレスが来たら、臭いや衛生面もありますが「怖い」と思います。

それは、ホームレスがどういった人なのか、得体が知れないからです。

精神的に不安定になる場合も!

そこで、夜になっても怖くて寝れなくなってしまったり・・・

そのことで睡眠不足になってしまい、精神的に不安定になることもあると思います。

それが、1日2日なら何とか我慢できるかもしれませんが、日数を重ねれば重ねるほど、精神的な負担は大きくなると思います。

そして、同じ人間なのだから、差別いけないことだと思います。

それを頭ではわかっていても、同じベースでは考えられない、難しい問題だと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました