寮追い出され所持金わずか追い詰められる非正規労働者

スポンサーリンク

職を失う非正規労働者

新型コロナウイルスの影響で経済が厳しさを増す中、仕事を失った非正規労働者らが住まいを追い出される事例が相次いでいる。

所持金も少なく、民間団体が東京都内で開催する食料配布には、感染拡大以降訪れる人が急増。

支援者は「新たに困窮する人が出ている」と懸念を深めている。

横浜市鶴見区で派遣労働者として働いていた男性は4月上旬、月末までの契約が更新されず、会社の寮からの退去を迫られた。

当初は「他に移ればよい」と楽観していたが、求人に応募しても対面での面接が受けられず。

県外で探そうにも「感染拡大防止から他県の人は採用できない」と断られた。

いきなり無収入になる辛さ

仕事を見つけられないまま、A4サイズのかばんに2日分の着替えと洗面道具だけを詰め込み、5月初めに寮を後にした。

現在は横浜市中区の簡易宿泊所を仮住まいとしているものの、6月上旬までの宿泊料金を支払った後の所持金は8万円。

新たな収入がなければ、続けて泊まることは難しいという。

男性は生活保護を申請中。

だが「約20万円の給料をもらっていたのに、いきなり生活保護になるとは思わなかった」と現実を受け止めきれない様子。

家さえあれば何とかやり直せるのにと苦渋の表情を浮かべた。

新型コロナで職を失う人が急増

NPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」(東京)などが東京都新宿区で実施している週末の食料配布や相談会には、3月以降から参加者が急増。

5月16日には通常の2倍超となる約180人が食料を受け取りに来た。

同法人は「不安定な雇用環境で働く労働者ら仕事や住居、貯蓄を失った人が来ているのでは」と指摘。

参加者は雇用環境が回復するまで増加するだろうと話した。

相談会に訪れた男性は、日雇い労働で生計を立て、普段はネットカフェに寝泊まりしていたが、2月ごろから仕事が急減。

4月以降は収入がゼロとなったため野宿生活を送っており、雨の日はジャンパーを布団代わりに人家の軒先で寝ることもあるという。

自己責任で片づけて良いのか?

上記を読んで思ったのは、状況は厳しいなということです。

現状を見ると、新型コロナが沈静化に向かっているといっても、経済的に以前のような状態に戻るのは、まだまだ先になると思います。

そこで、一番先に仕事を切られるのが、日雇い、派遣、バイト、パートなどの非正規になると思います。

そして、次の仕事を探そうにも新型コロナの影響で、求人自体が少なくなっていますので、仕事を得られず途方に暮れる。

また、確かにこういったときのために、事前に蓄えは必要だと思います。

それをして、住む部屋がないとか食べる物がないなどは、事前に蓄えなかった「自己責任」という人もいると思います。

最後に

しかし、新型コロナのことなど事前に予想できるはずもなく、ましてや貯蓄できるほどの給与を得ていなければ…

何かあったときのことを考えて、事前にお金を蓄えるといっても、人によっては難しいところがあると思います。

例えば上記の人は「月20万」ほど給与を得ていたので、蓄えができそうなものですが…

しかし、借金があったり家に仕送りなどしていれば、お金を貯めようにも難しい状況だと思います。

とにかく、政府は給付金をやたらめったら配る前に、こういった人たちの支援をする方が先なのではと私は思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました