ホリエモン曰く貧困問題はやっぱり自己責任だろうとのこと

スポンサーリンク

貧困は自己責任!?

ホリエモン曰く、自分の人生を真剣に設計して、その人生設計に基づいて、努力して生活している人がいる一方で・・・

そういったことをしてこなかった人が貧困に陥いるのは、ある意味自己責任ではないだろうかとのことです。

そして現在の私は、将来のセミリタイアに向け節約して、コツコツ貯金している身分です。

そこで、お金を貯める努力をせず散財してお金を使い果たし、それでお金がないというのは、ホリエモンと同様に自己責任だと思います。

ましてやそのことで、お金がないから生活保護を下さいというのは、それって「ズルい」とか「不公平」だと思ってしまいます。

生活保護について

日本の制度として、お金がない場合「生活保護」という制度がありますので、仮にお金がなく生活に困るなら、生活保護を利用すれば良いと思います。

しかし上記の話しで、今まで人生設計などまともにせず、お金を散財して貯める努力をしてこなかった人に、生活保護を渡したところでどうなるのかという話しで・・・

それは、生活保護に甘えてしまい、今以上に堕落した生活になるのではないかとの不安があると思います。

生活保護とは「生活を助けるための制度」「自立を助けるための制度」であって、生活を堕落させるための制度ではありません。

なぜ貧困にならない努力ができない!

日本では、普通に勉強してそこそこの大学を出れば、そこそこの仕事を得られ、そこそこの生活が出来るわけで・・・

そこで、生活保護を受けるほどお金がないとか、生活に困窮しているというのは、そこそこ以上の努力を怠った、自己責任だといわれても仕方ないという人もいます。

その一方で、派遣や保育や介護など給与の安い職が現状多くあり、そういった給与の安い職を国が是認してる部分もあります。

そこで、給与が安いことで貧困層が必然的に生まる。それが問題だという人もいます。

しかし、ホリエモンからすると貧困になるような人を見ると「何で貧困にならないような努力ができないんだ!」などと思うのでしょうね。

最後に

確かに、貧困になってしまったのは、自己責任の部分があると思います。

しかし、若気の至りではないですが、例えば、独立したけど失敗して破産した。会社が倒産して仕事がなくなった。転職に失敗したなど・・・

予期せぬ失敗や間違い、病気や介護の問題などで貧困になってしまうのは、ある意味仕方がない部分があると思います。

そういった貧困になった理由がある人に対し「貧困は自己責任」とひとくくりにしてしまうのは、少し話しが違うような気がします。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!