体に良さそうな「ぜんまい」「わらび」「ひじき」に潜む健康リスク

スポンサーリンク

ぜんまい、わらび、ひじきの健康リスク

以下、Infoseekニュースからの抜粋になります。

ぜんまいには「チアミナーゼ」という酵素が入っていて、大量に食べるとビタミンB1を破壊します。

ビタミンB1が欠乏すると糖を代謝できなくなるので、ひどい場合は神経障害、脳障害に陥ります。

また、わらびのアクには「プタキロサイド」という天然毒が入っていて、牛や犬が食べると骨髄障害で出血が止まらなくなります。

山菜を食べる際は、しっかりアク抜きし、食べすぎないことです。

「食べると髪が黒くなる」といわれる海藻。

なかでも「ひじき」は、お弁当の定番だが、食べるなら週1回くらいにとどめた方がいい。

カナダの調査では、ほかの海藻より発がん性が高く、肝臓障害リスクも指摘されている。

ひじきが大好き!

上記を読んで、私は「ぜんまい」や「わらび」を食べることは、ほとんどありませんが「ひじき」は大好きで、食べる機会が多いです。

まず、弁当の付け合わせに入っている「煮ひじき」とか、弁当の「ひじきご飯」とかも好んで食べています。

また、惣菜店やスーパーの惣菜コーナーにある、煮ひじきを買うこともあります。

さらに、最近好きでよく食べているのが、下写真のひじきの「ふりかけ」になります。

常に冷蔵庫に常備(ストック)している。とまでは言いませんが…

上記のふりかけがなくなったと気付いたときには、スーパーで買うようにしています。

最後に

ひじきには、カルシウムが多く含まれていて、ミネラルや食物繊維と言った、健康に良い栄養を含んでいると聞いていたので…

ひじきが健康に悪いとか、初めて聞いたのでビックリしました。

さらに、発がん性が高いとか、肝臓障害リスクがあるとか、ひじきを食べるのが、少し怖くなってしまいました。

むしろ、ひじきは健康に良いイメージを持っていたので、ガッカリ感が大きいです。

ただし、食べ過ぎは良くないとのことで…

上記に書いてあるように、1週間に1回とかそれ以下とか少量なら、特に問題ないとこのことで、それを読んで安心しました。

それにしても、ひじきが健康に悪いだなんて、今まで一度も聞いたことがなかったので、ビックリしてしまいました。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました