日本人の平均貯蓄額はいくらかという統計データの罠とは?

スポンサーリンク

日本人の平均貯蓄額

少し古いデータになりますが、金融広報中央委員会が、2015年11月に2人以上の世帯を対象とした「家計の金融行動に関する世論調査」を公表しました。

その調査の結果、金融資産の保有額(貯蓄額)は、平均「1209万円」で、2014年より「27万円増加」という内容でした。

日本人の年収は、年々減少傾向にありますので、前年度の調査より27万円も貯蓄が増えたとは、少し信じがたい話しですが事実になります。

それは、収入が少なくなったことで将来的なことなどを考え、出費よりも貯蓄に回す方が多くなったということだと予想します。

世代別平均貯蓄額

20代「189万円」
30代「494万円」
40代「597万円」
50代「1325万円」
60代「1664万円」

世代別の平均貯蓄額は、上記のようになっていたそうです。

上記の世代別平均貯蓄額を見て思うこと。

上記の世代別の平均貯蓄額を見ると、年齢と共に貯蓄額も増えています。

また、50代になると急激に平均貯蓄額が増えていますが、これは一体どういうことなのかと考えてみると・・・

それは、今の50代以上の人が、収入的に恵まれた環境にあるということだと思います。

そして、今の20代~40代の人は、これから収入的に下がる傾向にあると思いますので、平均貯蓄額もそれに並行して下がる傾向になると予想します。

中央値は400万円台

そして、平均値ではなく貯蓄額の「中央値」は「400万円台」になります。中央値とは、データを小さい順に並べたとき「中央」に位置する値のことです。

また、日本人の貯蓄額で一番多いのは「400万台」(中央値)の人が一番多いということで、中央値と平均値を比べると「約3倍程度」の開きがあります。

そして、日本人の平均貯蓄額を見たり聞いたりすると、多くの人が1000万以上も貯蓄しているのかと思い勘違いてしまいそうですが・・・

実は、貯蓄額で一番多いのは、上記に書いた中央値から400万台の人だということで、この平均貯蓄額と中央値の差が、統計データーの「罠」(マジック)ということです。

最後に

日本人の平均貯蓄額について、ニュースやネットなどで見る機会があると思います。

そこで、自分の貯蓄額が少ないと嘆く人もいると思いますが、平均はあくまでも平均であって、それよりも注視すべきは「中央値」だと思います。

その中央値を見ることで、繰り返しになりますが、日本人の多くの貯蓄額は、400万台と確認することができます。

ですので、自分の貯蓄額と世間の貯蓄額を比較するときなどは、平均値を見るよりも中央値を見た方が理解しやすいのかなと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

貯金・貯蓄・資産
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ