有給を申請するたびに嫌な顔をする上司が大嫌いだった。

スポンサーリンク

嫌な顔をする上司

今でこそほとんどなくなりましたが、有給を申請すると上司から嫌な顔をされていました。

その理由は、私が仕事を休むことで、私以外の誰かに負担が掛かるからです。

そこで、有休を申請するときは、いつも上司の顔色をうかがっていました。

そして、上司の機嫌が良いところを見計らって、いつも有休を申請していました。

それでも、あからさまに嫌な顔をされるときもありました。

時代の流れ

しかし、時代の流れというか、パワハラとかセクハラとかモラハラとか、そういったことが話題になり・・・

また、働き改革などもいわれたことで、テレビやネットなどで話題になり、上司から嫌な顔をされることが徐々に減りました。

上司は、有給を申請して嫌な顔をすることで、いろいろいわれるのが嫌なのだと思います。

そして、実際に会社での会話で、パワハラなどのことが話題になることがあります。

そういったことで、今では有給の申請をしても、あからさまに嫌な顔をされることは、ほとんどなくなりました。

有給の理由を聞かれていた。

以前は、有給を申請するとどうして有給を使うのかと、理由を聞かれることがありました。

そして、遊びに行くとは正直にいえず、病院に行くとか、実家に帰る用事があるとか、田舎で法事があるとか・・・

また、友達が入院してお見舞いに行くとか、いろいろ理由を考えて上司に話していました。

以前は、それぐらい有休を申請するのが、大変だったということです。

そして、今思うとそんな光景は、異常なことだったと思います。

大嫌いだった上司

そこで、有給の申請などのことで、上司のことが一時は大嫌いになりました。

しかし、上司が有給を嫌がる理由もわかるので、多少は仕方ないと思っていたところもありました。

それは、上記にも書いた通り、私が仕事を休むことで、誰かに負担が掛かるからです。

それでも、有休を申請するたびに嫌な顔をされていては、有休を申請することすらできなくなってしまいます。

そんなのは横暴もいいところで、私は嫌な顔をされても有給を申請していました。

働くことは大変なこと

有給を一回申請するだけでも、大変な思いをしていた今の会社

それは、それだけ働くということは、大変なことだということです。

そして、このブログを読んでいる多くの人は、働いた経験があると思いますので、その辺の大変さはわかると思います。

ですので、私は仕事上の人間関係が大嫌いだし・・・

普通に仕事をしたいだけなのに、有給ぐらいのことで、何でいつもこんな嫌な思いをするのかと思っていました。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

その他
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました