床屋や美容院などの散髪代を節約する方法

スポンサーリンク

結構お金が掛かる散髪代

髪の毛は自然と伸びてきますので、多くの人は定期的に床屋や美容院などに通っていると思います。

そこで、年間を通すと散髪代(床屋代など)が結構掛かると思います。

ちなみに私の場合は、体毛というか毛が濃くて、さらに毛が生えるスピードも早いので…

美容院や安い1000円カットではやってない「顔剃り」をしてもらわないと、顔の産毛などが伸びて大変なことになります。

そこで、顔剃りをしてもらえる少しお高目の床屋さんに、2ヵ月に1度ぐらいのペースで通っています。

そして考えたのが、その散髪代を少しでも節約する方法はないかと考えました。

自分で髪を切る。

バリカンなどを買って自分で髪を切れば、当然で散髪代はタダ(無料)になります。(初期費用のバリカン代は掛かります。)

最近では、1人でも髪を切れる1人用のバリカンが多く出回っていますので、それを使えば比較的簡単に、自分で髪を切れると思います。

しかし、そういったのを買っても、自分ではバリカンを使いこなせないと言う人は…

家族、知り合い、友達などに頼んで、そのバリカンで髪を切ってもらえば良いと思います。

また、バリカンを使ってまで髪を短く切らないという人は、ハサミで切るというのも1つの方法だと思います。

ただし、自分でハサミを使って髪を切るとなると大変だと思いますので、誰かに頼んで髪を切ってもらうことになると思います。

1000円カットに行く

最近では「1000円カット」など、安い床屋さんが多くあります。(QBハウスは2年前に1200円に値上げしています。)

そこで、散髪代を節約しようと思うなら、その手の安いカット屋に行くのも1つの方法だと思います。

その料金としては、大抵1000円か1000円を少し超える程度だと思います。

そこで、床屋や美容院に行くより節約できる額は、半額か1/3ぐらいになると思います。

そして、床屋代や美容院代が安くなれば、当然それだけ節約になります。

ただし、1000円カットの場合は、難しい髪型を指定したり(店による)、顔剃りなどもしてくれませんので…

使い勝手が違く、通い慣れている床屋や美容院などとは違い、少し戸惑うかもしれません。

行く回数を減らす

私は上記にも書きましたが、毛が濃いなどで定期的に顔剃りが必要なので…

散髪代を節約するのに、自分でバリカンを使うことも、安いカット屋さんにも行くこともできません。

そこで、私が散髪代を節約するのに考えたのは「床屋に行く回数を減らす。」という単純なものでした。

以前は、1ヵ月半に1度ぐらいで床屋に行っていたのですが、今は約2ヵ月に1度になります。

計算すると、年間8回床屋に行っていたのを6回に減らせたので、年間では「8000円」(1回4000円)の節約になっています。

床屋や美容院に行く回数を減らすポイントは「髪の毛をいつもより少し短めに切ってもらうこと」です。

そうすれば、床屋や美容院に行く回数を減らせると思います。

最後に

まとめとして、床屋や美容院などの散髪代を節約する方法としては…

・自分で髪を切る。(バリカンやハサミを使う)

・最近多い安いカット屋さん(QBハウスなど)に行く。

・単純に床屋や美容院などに行く回数を減らす。

上記の3つのどれかを実践することで、床屋や美容院などの散髪代を節約することができると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました