年収300万で家族持ちだと牛丼一杯食べるのも贅沢になる!

スポンサーリンク

牛丼は贅沢品

40代後半のKさんの収入は、年収300万(月収24万・ボーナスなし)で、家族4人を養っているそうです。

そして、年収300万で家族4人を養うのは、収入的に相当大変なことで、話しを聞くまでもなく貧困だとわかると思います。

そこで、Kさんの昼食は、スーパーの特売で買っている88円のカップラーメンを、いつも食べているそうです。

そして、安い牛丼を食べたくても、その値段(300円前後)を考えると、贅沢品だといいます。

転職したくてもできない年齢の壁

職場は、給与が安い上に残業が多く、上司からは常に売上ノルマを求められるそうです。

そして、職場環境が悪いので若い人たちはどんどん辞めてしまい、さらに職場環境が悪くなるという悪循環の中で・・・

Kさんは、仕事を辞めたくても、辞められずにいるといいます。

その理由は、家族からは転職を勧められていますが、Kさんはこれといったスキルも資格もなく、転職したくてもできないからです。

また、転職するにしても、40歳も過ぎると「年齢の壁」に阻まれることになり、転職することもままならないとのことです。

ビックリなことに住宅ローンがある

また、Kさんはビックリなことに、住宅ローンを抱えているといいます。

年収300万で、家族が4人いて、さらに住宅ローンを抱えているとか、かなり無謀なことをしているような気がします。

そして、仮に転職したとしても、給与が下がってしまうなどの恐れがあるため、下手に転職することもできないといいます。

そこで、今の安い給与で働き続けるしかないとのことです。

病気になっても治療費が払えない

また、病気になっても治療費が払えないので、健康には特に気をつけているといいます。

そこで思うのは、むしろこの状況で、生活できていることが凄いと思います。

それは、月収24万となると手取りにすると20万前後で、それで家族4人を養い、さらに住宅ローンも払っているからです。

ちなみに、私は年収250万を超える程度ですが、幸い家族持ちではありませんので、牛丼が贅沢品だと感じることはありません。

それでも、毎回の食事に300円以上(牛丼代)出すのは、年収250万だと贅沢になります。

最後に

ですので、ときには安いカップラーメンを食べたり自炊などをして、食費が高くならないように節約しています。

そして、給与が安いのは自己責任もあると思いますが、派遣や日雇いなどが横行していることで、給与の低下を招いている現状もあると思います。

そこで、そういった点などを早く改善して欲しいと思います。

特に家族持ちの人などは、給与が安いと家族を養うのが大変だと思いますので、扶養手当や子供手当など手厚い支援が必要だと思います。

セミリタイア人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

貧困・貧乏
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
wpmasterをフォローする
セミリタイア資金3000万を目指すブログ