都民の税金で都民以外をおもてなしするGoToキャンペーンw

スポンサーリンク

ゴリ押しする意味が不明

今話題の「GoToキャンペーン」ですが、都民は「対象外」になるそうです。

東京は、新型コロナの感染率が一番高いので、それも致し方ないというか、当然の処置だと思います。

しかし、都民が使えないキャンペーンを、なぜそこまでゴリ押しするのか?

税金を一番多く収めている都道府県は、いわずと知れた「東京」です。

その都民が自腹(税金)を切って、他県をもてなすためのキャンペーン、それが「GoToキャンペーン」ですwww

そして、ある有名な方が「GoToキャンペーンは都民に不公平だ」との問いに…

都民は得もしてないが損もしてない

「都民は損をしてないんだから良いじゃないか」といっていました。

それは、今回のGoToキャンペーンで、都民は得をしなかっただけ。もちろん損もしてない。

だから、不公平だといってプンプンむくれるのは良くないといっていました。

そこで、都民は対象外なのだから、GoToキャンペーンに掛かる、後から取られる税金などは、全て免除されるとか…

新型コロナが収束した後は、都民にだけにGoToキャンペーンを別途実施するとか…

そういった話しなら、何も都民が怒ることも、不公平だということもないと思います。

東京以外は対象外にしないの?

しかし、GoToキャンペーンに参加できない都民から、後に税金を取るのですから、不公平なキャンペーンだと思います。

では、都民もGoToキャンペーンに参加できるようにしたら?

新型コロナの感染を拡大させる可能性がありますので、それは難しい話しだと思います。

それなのに、なぜGoToキャンペーンをゴリ押ししたのか、理解に苦しみます。

また、東京以外で感染者が多い、神奈川、埼玉、大阪、名古屋などは、GoToキャンペーンに参加できます。

これってどう考えても、やっぱり不公平なキャンペーンだと思います。

旅行業界だけ優遇とか

これが、東京以外の感染者が多い県も対象外にする。という話しなら、まあわからなくもないですが。

それでも、そもそもこんな意味不明なキャンペーンは、即刻中止すべきだと思います。

というのも、GoToキャンペーンは、旅行業界もしくは、その関係者などだけが潤うキャンペーンです。

そして、新型コロナの影響を受けている業界は、何も旅行業界だけではないのです。

外食、パチンコ、自動車、カラオケ、フィットネスジムなど、多くの業界が新型コロナでダメージを受けています。

それなのに、旅行業界だけを特別扱いするのは、それは違うと思います。

最後に

ですので、前にもブログに書いたのですが…

GoToキャンペーンを廃止して、給付金の第二弾として、一人5千円とか1万円を配る方が公平で喜ばれると思います。

もしくは、どこでも何にでも使える期限付きの商品券を配るとか、その方が経済が回ると思います。

例えば、GoToキャンペーンで外された、都内のホテルや旅館、また飲食なども、その方が少しは潤うと思います。

または、もっと多く優遇するなら、期限付きで消費税をなくすとか。

とにかく、GoToキャンペーンなどゴリ押しせずに、公平に扱うやり方がいくらでもあると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました