GoToキャンペーンより給付金を配った方が良くね?

スポンサーリンク

GoToキャンペーンとは

新型コロナウイルスで激減した観光地の消費を喚起するなど、政府が立案した「GoToキャンペーン」。

7/22から開始されるそうです。

中でも注目を集めているのが、旅行に最大「半額」で行くことができる「GoToTravel(トラベル)キャンペーン」だと思います。

GoToキャンペーンとは、新型コロナウイルス感染症の流行収束後、一定の期間で割引やクーポン券の発行によって…

地域を再活性化するために需要を喚起するキャンペーンです。

大きくは、以下4つのキャンペーンに分かれています。

GoToキャンペーンの内容

・GoToTravelキャンペーン

最大半額で旅行できるようになるキャンペーン。(最大1泊2日以上2万円、日帰り1万円)

・GoToEatキャンペーン

飲食店で使えるポイントや食事券がもらえるキャンペーン。(最大1000円)

・GoToEventキャンペーン

イベントに参加すると割引・クーポンがもらえるキャンペーン。(2割引)

・GoTo商店街キャンペーン

商店街等によるイベント開催やプロモーション、観光商品開発等の実施。

GoToTravelキャンペーンの詳細

上記の4つのキャンペーンのうち、一番の注目は「GoToTravelキャンペーン」だと思います。

その理由は、旅行代金が最大で「半額」の支援が受けられるからです。

そこで、旅行好きの人などにとっては、是非とも利用したい制度だと思います。

GoToTravelキャンペーンの内容が以下になります。

例えば旅費に4万円掛かったとしたら、そのうち2万円が支援されます。(最大2万円)

支援される2万円の内訳は、7割が旅行代金の割引、残りの3割が地域共通クーポンになります。

支援には制限がある。

ただし、支援を受けるにはいろいろと決まりというか制限があり…

例えば、1泊2日以上の旅行の場合は、通常通り支援を受けられますが、日帰りの場合は最大1万円になります。

また、夜行(深夜)バスやLCCなどの深夜便は対象外になるそうです。

そこで思ったのは、なぜ夜行バスやLCCなどの深夜便は対象外なのか、意味が分かりません。

また、日帰りだと1万円までというのも、これも意味がわかりません。

観光地の消費を喚起できれば良いわけで、そこに制限を付ける必要があるのでしょうか?

GoToキャンペーンなど止めれ!

最も重要なのは「新型コロナ」のことを考える。ということです。

そして、新型コロナのことを考えると、現状で旅行に行こうとは考えないと思います。

もし、今回のGoToキャンペーンを利用して今旅行に行きたいと考えている人は、新型コロナのことを甘く軽く見ていると思います。

ただし、県により感染レベルが違いますので、感染率が低い県内の旅行などは、話しは別になると思います。

そこで思うのは、GoToキャンペーンなどやらずに、5000円でも1万円でも良いので、第二弾の給付金を配っては?ということ。

現金とか期限付きのクーポンなどを全員に支給した方が、公平に経済の活性化に繋がると思うのですが。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました