フライパンを鉄製にしたら買い替え不要で節約になる!

スポンサーリンク

フライパンについて

料理に使う「フライパン」について、多くの人はスーパーや量販店やネットなどで、多く売られている…

アルミの表面にテフロン加工(フッ素加工)が施(ほどこ)されている、一般的なフライパンを使っていると思います。

その理由は、軽量で食材がフライパンにこびり付きにくく、扱いやすからです。

しかし、使用頻度にもよると思いますが、寿命はせいぜい持って2~3年ぐらいだと思います。

中には、テフロンが切れても無視して、無理に使い続けている人もいると思いますが…。

そこで2~3年置きに、フライパンを買い替えていると思います。

これが結構面倒だと思いますし、それ以上に定期的にお金がかかるので、節約を考えるなら不向きなのかなと思います。

鉄製のフライパンについて

一方、鉄製だとテフロンコーティングはされてなく、鉄がむき出しになっています。

また、食材を炒めたりすると、こびり付きやすく重量も重いので、使っている人は少ないのかなと思います。

しかし、テフロン加工のようにコーティングを気にせず、使い続けることができますので…

短い場合は10年とか、長い場合だと20年以上使っている。という人もいます。

また、鉄製の方が熱を伝えやすいので、一般的に料理をおいしく作れるといわれています。

そういったことが、鉄製の特徴というかメリットになると思います。

節約にはどちらが良いの?

そこで考えるのは、テフロン加工と鉄製で、どちらが節約になるのかということです。

答えは簡単で、節約のことだけを考えるなら買い替えることが少ない、鉄製の方が良いと思います。

また、テフロン加工は2~3年置きに買い替えが必要になるので、それも面倒だと思います。

ということで、節約のことだけを考えるなら、鉄製に軍配が挙がります。

とはいえ、鉄製が絶対的に良いのかというと、一概にそうとはいえないと思います。

まず、鉄製は食材を炒めたりするとこびりつきやすいので、テフロン加工よりも多く油をひく必要があります。

鉄製はデメリットもある

そのことで、鉄製は健康のことを考える人には、不向きなのかなと思います。

健康のことを考えるなら、料理に使う油はより少ない方が良いですからね。

さらに重量もありますので、素人というか料理嫌いな人などには、扱いが大変というのもあると思います。

また、テフロン加工に比べて、値段が高いも難点だと思います。

とはいえ、モノによっては一生使えるといわれていますので、節約を考えるならそこは大きなメリットだと思います。

とにかく鉄製もテフロン加工も、そのどちらにも一長一短があるということです。

そこで、どちらを使う(選ぶ)かは好みの問題ですので、一概にどちらが良いとはいえないと思います。

最後に

とはいえ、節約目線で考えるなら、鉄製に軍配が挙がります。

ということで、とにかく少しでも多く節約したいと考える人は、鉄製が良いと思います。

ちなみに私の場合は、料理をする頻度が少ないので…

テフロン加工を使っていても、買い替える頻度としては一般より少なく、健康を考え使う油も少なくしたいので…

今まで鉄製を使ったことは一度もなく、テフロン加工をずっと使い続けています。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました