年収300万円でもリタイアできる貯金ゼロでもFIREは可能

スポンサーリンク

年収300万円でもFIREは可能①

以下、ある記事からの抜粋になります。

FIREを達成するために必要な条件は、年収ではなく貯蓄率の高さです。貯蓄率とは収入のうち貯蓄に回す割合を言います。

年収300万円なら貯蓄率50%は150万円。つまり150万円を投資して、残りの150万円で生活することになります。すると約17年間でFIREできるわけです。

米国株インデックス投資ではリターンが5%は期待できるので、貯蓄率0.5と投資リターン5%のラインをたどると、リタイアまでの年数は17年ぐらいです。

年収300万円でも支出をぎりぎりまで切り詰め、生活費150万円ならFIREに必要な資産は150万円の25倍で3750万円、150万円を投資に回すので貯蓄率50%になり、投資リターン5%で17年ぐらいでFIREできます。

もし30歳からスタートすれば47歳でリタイアできるのです。

年収300万円でもFIREは可能②

しかし、もう少し生活費がほしいと思って貯蓄率を30%にすると、生活費は200万円ほどになります。

すると必要な資産は5000万円、そしてFIREまでには30年近くかかってしまいます。

そこでおすすめしたいのがサイドFIREです。(サイドFIREとは不労所得を得ながらある程度働いて収入を得て生活するFIREです。)

副業で貯蓄率を高めサイドFIREを目指す。

年収300万円に加えて副業で年間120万円(月10万円)を稼ぐとします。すると年収は420万円になります。

生活費200万円はそのまま固定すれば、220万円が米国株インデックス投資に回せますから、貯蓄率は約50%、投資リターン5%でFIREまでは17年です。

30歳からスタートすれば40歳前半にはリタイアできるのです。

机上の空論かな

上記を読んで、理屈はわかりますが、机上の空論かなと思いました。

まず年収300万円の手取りは240万円前後で、そこから150万円投資に回すと生活費は100万円もない。その100万円(月8万円前後)で生活するのは厳しいと思う。

時には外食もしたいし、旅行にも行きたいし、家電だって欲しい。冠婚葬祭や病気とかで突然の出費があかもしれない。会社が潰れない保障もない。

また、今後消費税が上がるかもしれないし、水道光熱費も上がるかもしれません。(上がる可能性大)

そう言ったことなどを考えると、仮に短期で生活できたとしても17年も続けて、長期でカツカツ生活を送るのは厳しいと思います。

また投資のリターンが5%って、できなくはないと思いますが、相当無理があると思います。株価が大きく下がってコケたら終了だよね。

最後に

副業するにしたって、副業で月10万円稼ぐのがどれだけ難しいことか。

そこで、年収300万円(貯金ゼロ)でリタイアするには、17年ではなく20年以上の長いスタンスで考えるなど、ある程度余裕を持った方が良い気がする。

もしくは他の何か良い方法を考えるとか。(投資で一発当てるとか?)

またカツカツ生活することでお金は貯まるかもしれませんが、生活が窮屈になってしまっては元も子もないと思います。

生活が窮屈になるとは、やりたいことを我慢して生活することで、例えば好きな人ができても相手によると思いますが、結婚を諦めるなどしなければならないと思う。

こう言っては何ですが、生活保護以下の生活を長々と続けるって、口で言うほど楽ではなく相当大変だと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました