お金持ちは食べない貧乏な人ほど好む食べ物について

お金持ちは自制心が強い

お金持ちは食べないですが、貧乏な人ほど好む食べ物があるそうです。

それは「ファーストフード」になるそうです。

お金持ちがファーストフードを食べない理由は、ファーストフードを食べると、自制心が失いやすくなるからだそうです。

そして、お金持ちは自制心が強く、食生活もストイックに自制しているそうです。

それは、人生の成功のカギは「自制心」だからだそうです。

そこで、お金持ちになりたい人は、ファストフードは避けるべきなんだそうです。

ファーストフードは自制心を失う

ファストフード店の近所に住む人ほど、貯金額が低いそうです。

それは、ファストフードは安くて美味し過ぎる、そう考えられているからだそうで・・・

美味し過ぎるがゆえに、脳の暴走を引き起こすそうです。

(私の個人的な意見は、ファーストフードがそれほど美味しいとは思わないですが…)

そこで、欲求をコントロールできなくなることで、自制心を失うそうです。

ということで、お金持ちはファーストフードの類は、自制して食べないそうです。

ファーストフードは高い①

上記のことは、一理あるとは思います。

しかし、貧乏人はそもそもファーストフードは、それほど食べないと思います。

それは、貧乏人であるがゆえに、食費に回せるお金は、それほどないからで・・・

そこで、ファーストフードを食べる選択はしないからです。

ファーストフードは、一見すると安く思えますが、貧乏人からすると意外に高いと思います。

ファーストフードは高い②

例えば、某チェーンで食べる牛丼は、並盛で「380円」になります。

貧乏人からすると一食380円は、高いとはいいませんが、安くはないと思います。

また、某チェーン店のハンバーガーは1個100円ですが、食事として1個食べても、お腹の足しにはならないと思います。

そこで、ハンバーガーを2個3個と食べれば、値段は200円300円になり、そこに飲み物やポテトなどを追加すると・・・

優に500円を超えますので、貧乏人は避ける食べ物になると思います。

最後に

そこで、ファーストフードは貧乏人より、中間層が好む食べ物だと思います。

まとめると「ファストフードを頻繁に食べる」→「自制心が下がる」→「貧乏になりやすい」という流れなんだそうです。

しかし、貧乏人はそもそもファーストフードを、それほど食べないと思います。

そこで、私が考える貧乏人と、上記の記事を書いた人が考える貧乏人では、貧乏のレベルが違うのだと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました