年収500万円超えを目指して地獄を見た転落人生を歩む人

スポンサーリンク

年収増が見込めない日本

35~39歳の男性正社員の平均年収は、現在約500万円程度

しかし、年功序列や終身雇用が崩壊した今、これ以上の年収増が見込めない人がほとんど。

さらに、グローバル化やIT化の流れを受け、賃金格差は広がるばかりで、負け組会社員は今後も増え続けるといわれている。

そこで、起業や転職に成功すればいいですが、リスクは高く相当な運と実力が必要

とはいえ、会社に居続けるにしても、現状から踏み出すことが大切です。

今の40代サラリーマンには、その決断と行動が求められている。

Tさんの経歴など

そんな時代の到来を察知してか…

500万円という平均的な収入を捨て、いち早く踏み出した先人がいる。

Tさん(40歳)の例を紹介しよう。

有名私立大学の大学院を卒業後、大手電機メーカーに技術者として就職したTさん、その後一貫して空調開発に従事してきた。

ところが、不況や円高によって会社の収益は圧迫され、給与は入社3年目を頂点に右肩下がり

それでも年収は570万円だったが、将来に閉塞感を感じ始めていたときに、ある転機が訪れた。

転職で勝ったと思うも失敗

上海に本社のある中国系電機メーカーからヘッドハンティングの話がきたんです。

肩書は技術顧問、待遇も駐在員に相当するもので、提示された年収は1100万円、断る理由が見つからなかった。

転職先の上海では、独身男には広すぎる一等地の超高級マンションに、運転手付きという厚遇が待っていた。

当時を「勝ったと思いましたね」と振り返るTさんだが、その生活も長くは続かなかった。

3年間の契約期間が過ぎると、更新されなかったのである。

使い捨てにされる運命とはわかっていたけど、せめて10年は働けて貯金も増せる予定でした。

再就職を試みるも…

失意のTさんは、日本での再就職も試みた。しかし……。

中国での3年の経歴がマイナス評価され、面接の場で「国を売ったんですね」と露骨にいわれたこともありました。

年収500万円以上の会社は全滅

それならば、物価の安い中国で自営業でもやろうと思い、少ない貯金から出資して、上海市内に日本人向けの居酒屋をオープンしたんです。

現在、大野さんの月収は約20万円、年収500万円と比べると半減

さらに、急激なインフレに晒されており、今や上海の物価は東京と同レベルにまで上昇、生活は日を追うごとに苦しくなるばかり。

転職することのリスクは大きい

転職は成功することもあれば失敗することもある。

転職回数が多い私の経験でいえば、転職が成功するか失敗するかは、半々(50%)ぐらいの確率だと思います。

ただし、それは相応のスキルなどがある場合で、経験などがない場合は、失敗する確率が高いと思います。

そこで、転職には大きなリスクがあり、できることならしない方が良いと思います。

とはいえ、人それぞれいろいろな考えがあり、生活のことなどを考えて、高い給与を目指すのは悪いことではないと思います。

しかし、転職に成功すれば良いですが失敗したとなると、前職より待遇や人間関係が悪化する場合が多いと思います。

また、転職のリスクは待遇のことだけでなく、転職癖が付くのも大きなリスクだと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

仕事・副業
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました