大学や専門学校に進学するのに学費で選ぶ学生が多数存在する事実

スポンサーリンク

大学への進学は学費が判断基準

大学進学などの進路を決める際、約6割の学生が「学費」を判断基準にしていることが、学生団体の調査で分かった。

また、アルバイトをしている学生は84%で、33%が仕送りや小遣いがゼロだと回答した。

そして中には、大学進学をあきらめて働いている、学費が払えず除籍になった。

また、バイトと勉強で毎日2時間睡眠などの理由で、学費値上げの撤回を大学に要求している。

大抵の人は学費のことより、行きたい大学を選ぶと思うのですが、行きたい大学より学費が安い大学を選ぶ人が多いということです。

簡単には行かない

学費が安くなれば除籍される前に、学費を払えるようになる人もいると思います。

また、高い学費で進学を諦めた人が、進学できるようになる可能性もあると思います。

しかし、大学を運営するには、先生(教授)や事務方への人件費、施設の管理費や修繕費などが掛かります。

そういったことがありますので、学費を下げろといっても、簡単なことではないと思います。

むしろ、学費を下げたくても下げられないというのが、現状だと思います。

学生たちの声

私の妹は絵(イラスト)を学びたいという希望があったけれど、専門学校の学費が高く、母子家庭の収入では支払いが困難だったため、進学を諦めて働くことを決めました。

二部に入ったのは学費の問題。学費が安ければ、もっと可能性があった。

学費を払うために深夜の夜勤バイトをせざるを得ず、体調を悪化させながらも働いている。体調が悪化し大学の授業を休まざるを得ないときもあり、学生生活に支障をきたしている。

バイトを週5で行っており、体力・睡眠時間ともに削られてしまうため、学習時間がほとんど取れない。授業中も眠い、集中できない。栄養ドリンクの量が増えている。

私も学費のことで苦労しました。

私は自費で大学を卒業したので、上記の苦労がわかりますし、学費のことで苦労しました。

ただ私の場合は、実家から通っていましたので、家賃や食費が掛からなかった分、少しは楽だったと思います。

また上記と同じで、私も週5でバイトをしていました。

そのことで、バイトに多くの時間を使っていたので、大学の勉強が疎かになり、そのことを今でも後悔しています。

それは、学生のときに勉強を優先していたら、今とは違った人生になっていたかもと、思うときがあるからです。

最後に

しかし、そんなことを思ってみても、いまさら仕方がないと思います。

それは、タイムマシーンでもなければ、過去に戻ることはできませんので、仕方がないことだと思います。

そこで、学生の本分は勉強だと思いますので、お金のことも確かに大切ですが、優先すべきは勉強だと思います。

とはいえ、お金がなければ勉強もできないというのが、現状になると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

お金
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました