都議会議員選挙の結果を見てガッカリした。

スポンサーリンク

政治に興味のない人が多過ぎ

今回の都議会議員選挙の投票率は「約42%」だったらしいです。

コロナ下で、投票率がある程度鈍るのは、仕方ないことだと思いますが、それにしても…

半数以上の人が投票に行かなかったって、どんだけ政治に興味ないんだよ!

これでは、組織票が強い公明が有利だし、公明と組んでいる自民も有利と言うことにる。

結果、公明は立候補者の全員が当選、自民は大敗すると言われながらも、最低限の議席を死守する結果で終わりました。

また、都民ファーストも党首の直前の病気と静観が効いたのか、予想ほど議席を減らすこともなく終了しました。

自民も都民ファーストも軽傷

自民政治に対して、ああだこうだと批判が多いにも関わらず、選挙に行かないのでは、変われるものも変わらない。

選挙のたびに毎回言われるのは「自民が嫌いとは言え、自民以外に入れたい党がない」と言うこと。

自民以外とは、都民ファースト、公明、共産、立憲など、どれも「う~ん?」と考え込んでしまう党ばかり。

仮に、私が必ずどこかの党に投票しなければと言われたら、党で選ぶことはできない。

そこで、立候補者の経験とか育った環境とか、学歴とか年齢とか性別とか、その中でも一番大きいのは、政策の内容なんだけど…

どの立候補者も似たり寄ったりの内容で、政策の違いで選ぶのは難しいかな。

どうでもいい政策ばかり

立候補者の政策を見ると、コロナ対策がどうのこうのとか、オリンピックがどうのこうのとか、どうでもいいことばかり。

どうでもいいと言うと語弊があるけど。

コロナのために、ワクチン接種を拡大するとか、迅速な対応をするとか、そんなのは言われなくても、当然のことなんだよね。

当然のことを政策として掲げられても、当たり前だしいまさらという話しです。

前提条件として、それは当たり前のことであって、それ以外に政策として、何がしたいのかを聞きたいわけ。

例えば、少子化対策に力を入れます。そのためには〇〇を実行します。〇〇を実行するたに〇〇をします。など…。

その手の詳細を聞きたいんでけどね。

日本は陥落する運命

選挙のたびに、多くの政治家が立候補しているにも関わらず、毎回のように投票したいと思う立候補者や政党がない。

どうしてなんだろうね?

政治というか選挙って、それだけ魅力がないってことなんだろうね。

結局のところ立候補者の内容ではなく、組織票で大方が決まってしまう選挙など、魅力がないのも当然だよね。

そして、徐々に政治離れが進んで行って、最終的に日本は陥落するんだろうな。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました