エアコンのつけっぱなしは損か得かという節約の話題について

スポンサーリンク

夏にはエアコンが欠かせない!

連日続く猛暑を乗り切るために、エアコンの存在は欠かせないと思います。

そこで頭を悩ませるのは、エアコンの電気代だと思います。

特に節約を意識している人は、エアコンの電気代が気になるところだと思います。

そして、エアコンの節約で話題になるのが、エアコンのつけっぱなしは、損か得かという話しになると思います。

結論から先にいうと、エアコンのつけっぱなしは、損とも得ともいえません。

設定温度が低いと節約にならない。

最近よく言われるのは、エアコンはつけっぱなしにした方が、電気代の節約になるという話しです。

それは、エアコンの電気(電源)を付けたり消したりすると、エアコンの起動に使われる電力が多く掛かるので・・・

エアコンは切らずにつけっぱなしにした方が良いという話しです。

しかし、エアコンをつけっぱなしにしていても、設定温度が低いなどがあれば、電気代の節約にはなりません。

それは、設定温度が高いことに比べると、エアコンの運転時間が長くなるからです。

それではむしろ、電気代が多く掛かってしまいます。

エアコンを使わないでいると?

エアコンの電気代を節約するには、エアコンを使わないのが一番になります。

しかし、夏の猛暑でエアコンを使わないでいると・・・

気分が悪くなったり、場合によっては倒れてしまったり、最悪「熱中症」になることもあると思います。

そして、熱中症になれば救急車を呼んだり、病院に入院することもあると思います。

そうなってしまえば、返ってお金が多く掛かることになり、電気代の節約もへったくりもないと思います。

室内への日差しを防ぐ

エアコンの電気代を節約するには、まずは設定温度を上げることです。

例えば、設定温度を26℃にするよりも、28℃の方が電気代の節約になります。

そこで、窓に遮光カーテンやすだれを付けることで、室内に日差しが入ることを防ぎます。

そうすれば、室内の温度が上がりにくくなりますので、設定温度を高くすることができると思います。

また、窓やドアを開けっ放しにしないなどで、室内の温度の上昇を防げると思います。

フィルターを清掃する

それ以外にも、エアコンのフィルターが汚れていると、エアコンの運転効率が落ちます。

そのことで、電気代が多く掛かることになります。

そこで、エアコンのフィルターを定期的に清掃することで、フィルターをキレイな状態を保つ必要があります。

そして、フィルターをキレイにすることで、エアコンの電気代を節約することができます。

また、フィルターを定期的に清掃することで、エアコンからの空気をキレイな状態にすることもできます。

室外機の周りに物を置かない

また、室外機の周りに物を置かず、空気の流れを良くすることです。

そのことで、室外機の運転効率が良くなりますので、節約することができます。

とにかく、エアコンの電気代を節約するには、設定温度を上げて、さらにエアコンが動かない状態にすることです。

そして、室内の温度が低くエアコンが動かなければ、電気代を節約できるということです。

そこで、エアコンのつけっぱなしで損とか得とかはなく、使い方などによるということです。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

節約
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました