ドラッグストアの賢い使い方を実践して節約する方法

スポンサーリンク

ドラッグストアについて

ドラッグストアとは、その名の通り医薬品が売っている店になります。

医療品とは、風邪薬であったり、頭痛薬であったり、胃腸薬であったり、その手の市販薬になります。

ドラッグストアではそれ以外にも、歯ブラシや歯磨き粉、シャンプーやリンスなども売られています。

とにかく、ドラッグストアといえば何が売られているかは、誰でも想像がつくと思います。

そして、最近のドラッグストアーといえば、上記の医療品だけでなく…

洗剤、石鹸、化粧品、芳香剤、飲料水、カップラーメン、お菓子など、医療品以外のモノも多く売られています。

安く買える商品もある

ドラッグストアでは、スーパーなどで食料品などを買うよりも、安く売られていることもあります。

例えば、100均で買うと100円のチョコレートが、某ドラッグストアーだと、78円で売られていたりしています。

さらに安売りのときは、68円で売られていたりすることもあります。

それ以外ではポテトチップスが、78円で売られているときもあります。

そこで、商品によってはスーパーなどで買うよりも、安く買うことができます。

また、曜日によって食料品などが10%引きで売られていたり、ポイントが多く還元されることもあります。

医療品はネットの方が安い場合も!

ただし、医療品については商品にもよりますが、ネットで買う方が安い場合もあります。

例えば、ドラッグストアーだと1500円以上する鼻炎薬が、ネットで買うと送料込みで1000円以下で買えたり…

また、頭痛薬もネットで買った方が、大幅に安い場合もあります。

とにかく、ドラッグストアだからといって、必ずしも医療品の全てが安いとは限らないということです。

また、上記に書いた食料品なども、スーパーで買うより高い場合もあります。

そこで、節約でドラッグストアを使うには、他店(スーパーやネットなど)と価格を比較する必要があると思います。

クオカードや商品券で節約

また、スーパーやネットなどでは使えないクオカードや商品券などが、ドラッグストアで使えたりする場合もあります。

そういった店では、積極的にクオカードなどを使うことで、節約することができます。

例えば、チケットショップ(金券ショップ)などでクオカードを買うと、2%~3%引きで買うことができます。

それをドラッグストアで利用すれば、通常価格より2%~3%引きで買うことができます。

また、上記のクオカードだけでなく、商品券、お米券、ビール券なども同様になります。

特にドラッグストアを多く利用する人は、その差は大きいと思います。

手間を惜しまない

ドラッグストアを上手く利用することで、節約に役立つと思います。

ただし、ドラッグストアの全ての商品が安いかといわれると、上記にも書いたようにそうではないので…

節約でドラッグストアを利用するには、安く買える商品をみずから選んで買う必要があると思います。

そこで、そういった手間がかかりますので、面倒だと思うこともあると思います。

しかし、面倒だと思っていては節約にはならないので、少しの手間は仕方ないと割り切る必要があると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました