洗剤のプッシュ数を監視する彼にドン引きで同棲解消

スポンサーリンク

彼のケチさにドン引き①

以下、ネット記事からの抜粋になります。

斎藤裕美さん(仮名・31)は同棲後、彼のケチさに嫌気がさし、別れを決意。

彼は基本的には優しく、裕美さんの中でも彼への気持ちが募っていったため、2人は結婚を前提に同棲することにしました。

しかし、2LDKの彼のアパートで始まった新生活の中で、裕美さんは彼の本性を知ることとなるのです。

「僕は食器を洗うとき、洗剤のプッシュ数は2回って決めてるのに、裕美は5回もプッシュするからやめてほしい。」

「ティッシュもまだ使える部分があるのに、ちょっと汚れただけですぐに捨てるよね。」

「値引き商品を買ってくれば、食費ももっと削れるのに贅沢しすぎ。」

私自身、無駄遣いはしないタチですが、彼はケチすぎて…。正直、ドン引きしました。

彼のケチさにドン引き②

彼はさらにダメ出しを続けたのです。

「この前、一緒にお風呂入ったときに、シャンプーを3プッシュしてたよね?」

「僕はいつも1プッシュにしてるから、今シャンプー代は折半してるけど、もしそういう使い方をするのなら、これからは裕美がシャンプー代をその分多く払ってね。」

この細かすぎる言葉を聞き、裕美さんは彼との同棲を解消しようと決意しました。

お金を大事にすることはいいことですし、節約も素晴らしいこと。

でも、ここまで行動を監視されるのは怖いですし、彼の金銭感覚に私がすべて合わせるのは息が詰まると感じました。

恋人の金銭感覚はルーズすぎても、しっかりしすぎていてもツラくなる。

上記を読んだ感想

上記を読んだ私の感想は、確かに細かすぎる彼だと思いました。

私なら、そこまで厳しく節約したら、息が詰まると思います。とは言え、厳しく節約することも、ときには大切だと思います。

例えば、会社で食べる昼飯ですが、自分で弁当を作って持参する。と言う人も中にはいると思います。

それは、昼食代を少しでも節約するためと言うのが、多くの人の理由だと思います。

しかし、寝坊して弁当が作れなかったとか、忙しくて弁当を作る暇がなかったとか…

そんなことを何度も繰り返していると、後に弁当を作るのが面倒になり、作らなくなってしまうと思います。

そこで、自制と言うか自分を律して厳しくしなければ、妥協ばかりの節約になると思います。(それはもやは節約ではない!?)

細かすぎる節約も問題ですが、妥協ばかりの節約も問題だと思います。

最後に

節約は、自分に合った方法で適度にやるのが、私は一番だと思っています。

しかし、その「適度」と言うのが、もの凄く難しい。

人によっては、楽とか簡単にやっている節約だとしても、他人からしたら厳しい節約に見えるかもしれない。

そして、上記の裕美さんについては、自分に合ってない節約だと思ったらドン引きする前に、まずは彼氏と話し合うべきなんじゃないかと。

彼氏からしたら上記のことは、毎回普通にやっている内容と言うか節約で、自分がケチだと思ってないかもしれない。

そこで、その考え方の差を埋めるべく話し合い、お互いがやりやすい方法で節約する。

同棲って、そう言うことだと私は思うのですが、同棲したことない私が言っても説得力がないですよね。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました