貯金が3000万円あるけど夫婦共に派遣社員で将来が不安

スポンサーリンク

派遣社員に悩むMさん

Mさんは、不安定な収入に悩む40代で、その理由は、現在「派遣社員」だからです。

しかも、奥さんも派遣社員で、そのことで悩んでいるといいます。

そして、今年の5月に派遣契約が切れます。

その後は、9月に短期の派遣の仕事があり(通勤片道3時間)、12月までの収入は確保できているそうです。

しかし、その後またしばらくの間、休職状態になる可能性があります。

勤務先がない!

Mさんは、常用雇用型の派遣会社に登録しているので、休職中でも月11万円の手当を受けることができます。

しかし、派遣ですのでボーナスはなく、この収入では生活できません。

また、ハローワークで転職先を探していますが、未だ希望する勤務先がありません。

そして、今年結婚した奥さんも派遣社員になるため、彼女も契約が切れたらと思うと、とても不安です。

また、独身時代に比べて、食費や光熱費が「2倍」になったことも不安です。

貯金3000万円あるなら大丈夫

私が思うに、貯金が3000万円あるとのことですので、そう焦る必要はないと思います。

とはいえ、派遣の契約が切れたりすると、不安になると思います。

また、派遣で雇用が安定しないことも、不安に思う要因の一つになると思います。

それでも共働きですので、仮にどちらか一方の契約が切れたとしても、貯金を減らさず生活できると思います。

さらにいえば、夫婦共に契約が切れる可能性は、かなり低いと思います。

そこが共働きの心強いところだと思います。

今後も仕事の心配はない!?

現在の雇用の状況を見ると、たとえ派遣だとしても、仕事をする場所や選ぶ仕事の内容などにもよりますが…

長期に渡り仕事が途切れることはないと思います。

その理由は、現在人手不足といわれていて、派遣といえども仕事が多くあるからです。

また、今後は日本の人口が減りますので、そういったことなどを加味すると…

たとえ高齢になったとしても、一定数の仕事はあると思います。

ただし、年齢が高くなればなるほど、仕事の絶対数が減りますので、その点は注意が必要になると思います。

最後に

そして、嫌でなければ派遣ではなく、正社員になった方が、雇用や収入などが安定すると思います。

また、派遣で将来が不安だと思うなら、節約などして支出を減らすことで、少ない収入を補えると思います。

さらに、派遣は仕事を休むと収入も減りますので、体調管理も重要になると思います。

とにかく、貯金が3000万円あるなら、当面の生活費の心配はないと思います。

そこで、安定した正社員の仕事を探しつつ、健康に気を付けて働くことが、重要になるのかなと思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

仕事・副業
スポンサーリンク
おすすめ記事一覧
セミリタイア資金3000万を目指すブログ
タイトルとURLをコピーしました