食洗機を使うと節約になるのかメリットやデメリットなど

スポンサーリンク

食洗機について

最近、食器、箸、フォーク、スプーンなどを洗うのに「食洗機」(食器洗い乾燥機)を使うと言う人が、増えていると思います。

もしくは、節約を考えてとか、洗う手間を省くためなどで、食洗機を買おうかどうしようかと、迷っている人もいると思います。

ピンキリですが、そこそこ値段はするし場所も取るしで、買うか迷う人も多いと思います。

そこで、食洗機は本当に節約になるのか、買っても失敗しないのかなどと思い、ネットで少し調べてみました。

また、食洗器を使うメリットやデメリットなども、一緒に調べてみました。

以下、食洗器の節約などについて、参考になればと思います。

どのぐらい節約になるのか?

まず、手洗いと食洗機で年間に掛かる費用などについては、以下になります。

・手洗い・・・2.5万円前後

・食洗機・・・1.5万円前後

・差額・・・・1万円前後

※ 水道代、ガス代、電気代、洗剤代など込み。(食洗器の本体価格は別)

上記については、あくまでも大よその概算になります。

手洗いより食洗機を使った方が、年間で「1万円前後」の節約になるとのことです。

食洗機を使うメリットなど

上記から手洗いよりも食洗機を使った方、節約になることがわかったと思います。

また、食洗機を使うことで「時間の節約」にもなりますので、食洗機を使った方が一石二鳥で節約になります。

さらに、冬場にありがちな「手荒れ」なども防ぐことができますので、このメリットも大きいと思います。

ただし、食洗機だと本体を購入するのに「初期費用」が掛かりますので、その初期費用を回収するのに数年掛かります。

ちなみに、食洗機で多い価格帯は「5~8万円前後」になります。

そこで、仮に5万円の食洗機なら初期費用を回収するのに、約5年掛かる計算になります。

食洗機を使うデメリットなど

食洗機を使うデメリットは、機種にもよりますが、大きいので場所を取ります。

そこで、台所に広いスペースがなければ、食洗機を置くことができませんし、電源を使うのでコンセントも必要になります。

また、壊れたとき廃棄する手間が掛かったり、廃棄するための費用も掛かります。

そして、食洗機を使っても家族が多いければ、相応の節約になると思います。

しかし、1人暮らしや夫婦のみの場合は洗う量が少ないので、手洗いの方がコスト的に安い場合もあります。

また、食洗器が予想以上に早く壊れてしまえば、コストが大きくなることもあります。

さらに、手洗いでは発生しない「電気代」も掛かります。

最後に

手洗いと食洗機で、一番大きな差になるのは「ガス代」になります。

それは、気温が暖かい夏や春などは、常温の水道水でも大丈夫ですが、寒い時期だと「温水」で洗うからです。

温水で洗うと言うことは、ガス代が掛かることになります。

さらに、温水を多く使えば水道代だけでなく、ガス代も多く掛かることになります。

そこで、手洗いでなるべく水を使わず、温水もなるべく使わないのが、金額的に一番の節約にると思います。

ただし、時間の効率などを考えるなら、食洗器を使う方が節約になると思います。

セミリタイア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました